とりあえず、そのままで。
40オヤジのだらだらとした日常を書き綴ります。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
携帯通話。
今日は久しぶりに日帰り電車旅をしていまして。
その記録は後日に回すとしまして・・・


夕方、とある立席の串カツ店で一杯。

20171009難波 - 1


が、私のすぐ後に来店したお兄さん。

ずっと携帯で話しながら飯食っているんだよね。

かかってきた電話にやむを得ず、出てしまうことはあるだろうけれど。

そのお兄さんから電話をかけて、ぺちゃくちゃしゃべったり、時々串カツの熱さにむせて唾飛ばしたり。
それでも電話続けながら、あれこれと追加注文して。
食うかしゃべるか、どっちかにしろよ。

そして、電話が終わった直後に出て行ったんだよねえ。

一体何なんだ。
お店も注意しないのか・・・

そんなに混んでいたわけでもなかったから、さほど他の客の迷惑でもないだろうと、見て見ぬ振りか。
お店がそんな感じだから、私も注意したいところをグッとこらえていたけれどね。


以前、全面禁煙のJRの駅で、喫煙していたオッサンに注意したら、「お前のストーカーになってやる」とか
グダグダと絡まれて。
鬱陶しいので駅員を呼んだら、駅員はオッサンをなだめるのに「変な人に絡まれて大変ですね」という感じで、
まるでこっちが悪者であるかのように扱われ、立腹したことがあります。

まあ、我慢我慢。。。



と思ったら、私がお店を出た直後。

JR難波駅から乗車した電車内。

20171009難波 - 2

座っている私の前に立っているお兄さんが、おもむろに形態を取りだして延々と通話。
声が大きく鬱陶しいので、お兄さんをジッと見つめて「早く切れ」オーラを発していたら、
通話しながら電車を降りていきました。


最近の携帯電話のマナーはどうなっているのか???

まあ、たった数時間の間に見かけた2つの案件で、全体を決めつけるのはどうかと自分でも思ってしまいますが。
(どっかの低レベルなマスコミのようだ)


我慢しきれなくなって、あちこちでトラブルを引き起こしそうなアラフィフの独り言でした。



テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

デスクトップアクセサリ・超獣機神ダンクーガ
部屋の片付けをしていたら、こんな
PC用アプリケーションが出てきました。

20171007ダンクーガ0002

20171007ダンクーガ0003


バンプレスト「デスクトップアクセサリ・スーパーロボットシリーズVol.4 超獣機神ダンクーガ」
税抜価格2000円だそうです。

対応OSはWindows95/98/2000/Me/NT4.0だそうですから、もう20年近く前の商品なのでしょうね。

Vo.4というからは、他にもあるわけで。
取扱説明書のイラストを見るからには、「マジンガーZ」「ゲッターロボ」「真ゲッターロボ」
「勇者ライディーン」
のようです。

20171007ダンクーガ0001

「真ゲッターロボ」はバンプレストが売り出していたので別枠として。
このメジャーメンツに「超獣機神ダンクーガ」が含まれているのはどうにも解せない。

マイナーかつ地味。

パッケージでは剣(断空剣)を手にしているが、TV放送中は、基本的に殴るだけ。
それ以外がない。まれに銃(ダイガン)を撃つ。
そもそも、主役ロボのダンクーガ自体があまり登場していない・・・
やはり、スーパーロボットとしては地味。

他に入るべきタイトルはあるだろう。
例えば「鋼鉄ジーグ」「超電磁ロボコンバトラーV」とかね。

「ダンクーガ」なんて玩具が売れず、打ち切りになったロボットアニメに過ぎない。
まあ、登場人物人気で、当時の私たちのようなハイティーン(今は聞かない言葉だな)に人気はあったけれど。


とは言いつつも、なんだかんだで私は「ダンクーガ」好きなので、このアイテムを買ったのでしょう。
多分。

まあ、昔のことなので、あまりおぼえていないんですよね。


Windows2000か98SEマシンにインストールしたけれど、アニメの世界観に沿った壁紙があって
キャラクターがフワフワ動いていて、なにかコマンド入れたら銃を撃つ、ぐらいの記憶しか無い。

キャラクター付箋が使えるとかメールの着信通知とか、パッケージに書いてあるけれど、
まともに使った記憶が無い。

使わなかったのか、使えなかったのか・・・今となってはわかりません


そもそも、これを起動しているとかなりメモリを食うので、早々に消したような気がします。


今の私のPC環境はmacOS 10.13 High Sierra。
このアプリは通常では使えるはずもなく。
しかし、どこかにWindows98のOSのCD-ROMがあったはずなので、macOS上の仮想マシンに設定して
このアプリを一度試してみても良いかも。

ただし、今となっては古いOSでインターネット接続がまともに使えるか疑問でありますが。
Win98用のウィルスなんて、もう古すぎて出回っていないだろうなあ・・・?



あ、私が愛したスーパーロボットたちに関しては、いずれこのブログでネチっこく思いを語ってみたいなあ。
ま、そんな需要じゃないだろうけど。


テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

大阪環状線の103系電車。
とある新政党の選挙公約に「花粉ゼロ」を見て、衝撃を受けた今日の私。

いろいろと言いたいことはあるが、グッとこらえておきます。



東スポWEB H29.10.4
「103系」JR大阪環状線ラストラン 残る路線の希少価値と引退時期


 オレンジ色の車体で親しまれ、JR大阪環状線の主力として長年活躍してきた103系車両が3日、
ラストランを終えた。

 旧国鉄により、都市部の通勤用電車として約3500両が製造された103系は全国各地で活躍。
大阪環状線には1969年に登場した。総走行距離は木星まで行ける距離に匹敵する約9億5000万キロに
及んだが、老朽化のため新型車両の323系に置き換えが進み、9月5日には形式にちなんで10月3日の引退が
発表された。
(以降リンク先記事を参照)



JR西日本の103系電車の終焉がいよいよ近づいてきたようですね。

そう言えば、最近、大阪環状線の103系を撮影したことってあったかな?と思い検索してみましたら。

20171006JR103系0002


今年の5月。天王寺駅にて。

まともに写っているのは、iPhoneで撮影したこれだけでした。
通常の塗装じゃない・・・

あれだけ嫌となるほど乗ってきた、オレンジの電車の写真が、一枚もありません・・・


国鉄時代からJR時代初期に至るまで、通勤電車としては最大勢力を長く誇った103系。
既に京阪神では、阪和線でも羽衣支線をのぞき見かけなくなり、次は大和路線・おおさか東線・奈良線
あたりから徐々に淘汰されていくのかな・・・

20171006JR103系0000

20171006JR103系0001


正直、101・103系電車は若い頃から好きな電車ではなかったのですが。
古い、汚い、ボロい、うるさい・・・という印象でした。現存の車輌はかなり改善していますが。

いざ、なくなると寂しくなるものですね。
今後、機会を見つけて、記録していきたいと思います。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

新型ハイラックス。
トヨタ・新型ハイラックス

20171006hilux
(トヨタ・ハイラックス特設ページより拝借9





通算8代目となるこのピックアップトラック。

実に13年ぶりに日本に導入だそうで。
タイからの逆輸入。

同類のピックアップトラックでは、日産ダットサントラックや三菱トライトンなどもありますね。
残念ながら現在では日本国内では販売されていませんが。

お値段が300万円を超えるのはやむを得ないとしても、全長5m、全幅1.85mを越えるビッグサイズは
日本では持て余し気味。
ましてや本車が本領を発揮する悪路ならば尚更。

かつて国内販売していた頃は基本的に小型車枠に収まるサイズだったのにね。
(オーバーフェンダーで3ナンバーボディにしたグレードもありましたけど。)

この手のピックアップが日本国内ではあまり売れない、非常にマニアックな車である理由はそのあたりなんでしょうね。
個人的にはもう一回り小さかったら、一台欲しいなあとは思います。


タフでゴージャスなハイラックス・ピックアップ。
台数限定販売ではないようですが、あまり売れず、追加輸入されないままカタログ落ちするかも?



テーマ:トラック - ジャンル:車・バイク

国武万里「ポケベルが鳴らなくて」
家の片付けをしていたら、昔、母が愛用していたポケットベルが出てきました。

ポケットベル(ポケベル)と言えば思い出す、この曲。


国武万里「ポケベルが鳴らなくて」。





25年ほど前の、緒形拳と裕木奈江主演の同名ドラマの主題歌でした。

ドラマはまともに見た記憶が無いのですが・・・親子ほど離れた男女の不倫を描いたものだったかと。
ポケベルはその二人が連絡を取る際に使われたものだったのでしょうか。
劇中の小道具として、効果的に使用されていたのでしょうね。

曲の内容も、ドラマの内容に沿っているようで、不倫を感じさせる表現が続いています。

国武万里の透明感のある、どこか儚げな歌声が、聴く者の胸をキュンとさせたものでした・・・





しかし。もう25年以上前になるのか・・・

ポケベルブームは携帯電話が普及するまでのほんの一時期で、すぐに廃れてしまいました。
タイトルに「ポケベル」とあっても、今の若い人たちには、何のことかピンとこないかもしれませんね。


国武万里の曲、何枚かCDを購入しましたが、「追伸が終われない」なんかも良い曲ですね。
これは郵政のキャンペーン曲だったかと。手紙がテーマ。
失恋した元彼からの結婚式披露宴の招待状を受け取った女性の心の動きを描いた曲でした・・・

テーマ:J−POP - ジャンル:音楽

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.