とりあえず、そのままで。
40オヤジのだらだらとした日常を書き綴ります。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
「VF-2SS バルキリーII 」のHI-METAL R。
あまりこのブログでは触れていないけれど、私は昔のロボットアニメの玩具を時折購入しております。
最近は自粛気味ですが。


先だって、Amazonでポチッとやってしまったのがコレ。

HI-METAL R 超時空要塞マクロス VF-2SS バルキリーII +SAP(シルビー・ジーナ機)

   

『超時空要塞マクロス』10周年記念作品である『超時空要塞マクロスII ~LOVERS AGAIN~』より
スタイリッシュな主人公機の「バルキリーII」が、SAP強化パーツとセットの特別仕様で登場。

【セット内容】本体、着陸脚一式、ガンポッド、交換用手首左右各3種、交換用小型主翼パーツ、SAPユニット一式、
SAP用スクワイアドローン×4、魂STAGE用ジョイントパーツ一式、交換用アンテナ

(Amazon.co.jpより)



最近、別のメーカーからも立体化されましたが、触手が伸びなかった「バルキリーII」。

無人機を接合できるスーパーアームードパック付きで、バンダイから満を持しての発売。

こんなマイナーなアニメの、主人公が操縦しないマイナーな主役メカ( ^^)が精巧な立体モデルになるなんて
良い時代になったものです。

「マクロスII」本編ではほとんどスーパーアームードパック装備状態でしたが、それを外したノーマル状態
の方が筋肉質で格好いいという印象だったこの機体。
今回の立体化でもノーマルが格好いいが、ちょっと格好良すぎるのではないかと・・・

装備のガンポッドが、VF-1のガトリングガンとは異なり、レールガンだと先ほど知りました。
何とも未来的。(レールガンはロボットアニメでは「機甲戦記ドラグナー」が初登場かな)

「マクロスII」では他にも可変戦闘機が何種類か登場しているのだけれど、この「バルキリーII」の販売成績が
良ければ、他機種の立体化も可能性があるのでしょうか。

スポンサーサイト
コメント
コメント
こんばんは。

>こんなマイナーなアニメの、主人公が操縦し
>ないマイナーな主役メカ( ^^)が精巧な立体
>モデルになるなんて

一通りマクロスⅡは見た筈なのですが、
主人公が何をしてたのか、忘れてしまいました…
テレビクルーでしたよね?んで、撮影用のバルキリーに乗っていた位で…

あ、音楽は主題歌含め、かなり魅力的なものが多いと思います。

>(レールガンはロボットアニメでは「機甲戦
>記ドラグナー」が初登場かな)

個人的には、光子バズーカの印象も強いです。
そういえば、メタルアーマーは標準兵装がレールガンなのも、
ガンダムとは違いましたね~。
ギルガザムネみたいな独特なデザインの機体も多かったですし。
個人的には、ドラグーンとヤクトゲルフマッフが好きでした。
2017/08/05(土) 00:31:43 | URL | KZ-1 #- [ 編集 ]
KZ-1様、こんばんは。
コメントありがとうございます。


>一通りマクロスⅡは見た筈なのですが、
主人公が何をしてたのか、忘れてしまいました…
テレビクルーでしたよね?んで、撮影用のバルキリーに乗っていた位で…

まあ、とりあえず駆け足というか唐突な展開でした。
もう少し丁寧に描いて欲しかった。
5話の戦闘シーンは良かったですが。


>あ、音楽は主題歌含め、かなり魅力的なものが多いと思います。

主題歌以外の楽曲は「マクロス7」の劇中曲として使われているんですよ。
意外な形で。


>個人的には、光子バズーカの印象も強いです。
そういえば、メタルアーマーは標準兵装がレールガンなのも、
ガンダムとは違いましたね~。

そう言えば、そんなものもありましたね。
忘れていました。


>ギルガザムネみたいな独特なデザインの機体も多かったですし。
個人的には、ドラグーンとヤクトゲルフマッフが好きでした。

ギルガザムネ=菊正宗って言うネーミングがインパクト大( ^^)
まあ、ボリノークサマーン=森のくまさんってのも別番組でありましたが。

ドラグーン、主役機より高性能な量産機で、GM的な単なる
やられメカとは一線を画していたのが当時新鮮でした。

そう言えば、バルキリーIIは劇中バタバタやられていましたねえ。
ガンダム的なメタルサイレーンが登場してからはやられメカの
印象が強くなりました・・・

2017/08/05(土) 22:42:40 | URL | ふぐにさん。 #36k9amUg [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.