とりあえず、そのままで。
40オヤジのだらだらとした日常を書き綴ります。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
あの顔では無理。
朝日新聞デジタル H29.8.2
あの顔では無理なので…なにわ筋線に新型ラピート投入へ

 JR新大阪駅と難波を結び、関西空港へのアクセス鉄道となる新線「なにわ筋線」の開業に合わせ、
南海電気鉄道が、新型の空港特急を導入する。
いまの空港特急「ラピート」が構造上、地下を走行できないためで、具体的なデザインなどは今後
検討していくという。
遠北光彦(あちきたてるひこ)社長が朝日新聞の取材で明らかにした。

 ラピートは1994年、関空開業とともに登場。特徴的なデザインが人気で、停車駅によって「α」と「β」の
2タイプが運行する。
しかし、ラピートの先頭車両には避難用の貫通扉がなく、安全面から幅の狭い地下は走れない構造だ。
南海が、JR西日本や阪急電鉄、大阪府・市と2031年春開業で合意したなにわ筋線は地下を通る計画だ。
このため、遠北氏は「車両に新たな投資が必要だ。開業に合わせて新型特急を導入する」と語った。



なんて記事の見出しだ( ^^)


「なにわ筋線」が実現するとしても、最短で13年後。
まあ、その頃には現行車輌(50000系)は寿命が来ていると思われ、いずれにしても更新でしょうね。

関西空港開港以前、南海の50000系イメージ図を新聞で見かけたときは、まさか本当にそのまんまで落成するとは
思いませんでした。
本当に思いきったデザインでしたね。

その一方で、JR西日本が「はるか」用に用意した281系車輌が、「なにわ筋線」を念頭においたと言われる
先頭に貫通扉を設けたプレーンかつシンプルなデザインであったため、尚更50000系の特異さが目立ったかと。


関空開港から20年以上。
(そう言えば昨日の記事で昨年「OCAT20周年」についても触れました。)
まだまだ先のこととは言え、大人気だった50000系の後継車両の話が出る時期になったんですね。

JR281系も全面貫通路を活かすことなく「なにわ筋線」開通前に置き換えになるのでしょうか。
そう言えば、JR難波駅に定期列車で乗り入れたこともありませんね。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.