とりあえず、そのままで。
40オヤジのだらだらとした日常を書き綴ります。
201601<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>201603
はたのさとし「ナニワめし暮らし」1・2巻
はたのさとし「ナニワめし暮らし」1・2巻を読みました。


    

月刊誌「週刊大衆ヴィーナス」で、連載中の大阪人情グルメ漫画「おいしてたまらんわぁ」が待望のコミックス化。
ひょんなことから大阪のシェアハウス「しまき」の管理人になった東京出身のデザイナー・茶谷。
大阪独特の文化とシェアハウスの住人たちに振り回されながら、
「お好み焼き」や「肉吸い」と言った大阪グルメと浪花の人情にどっぷりと浸かっていく……。
関西の“今"に出会える新感覚B級グルメコミック、召し上がれ!
(Amazon.co.jp 1巻紹介コメント)



東京生まれの少々お節介な管理人がいる大阪のおんぼろシェアハウスが舞台。
関西B級グルメと人情劇。

少々展開は「ベタ」だけれど、それがいいのかもしれない。

気になるのは、ここに出てくる「関西」が基本的に、
マスコミが作り上げたステレオタイプの「大阪」であること。

まあ、タイトルからして大阪中心の展開になるのはわかる。
が、作中で「これが関西風」「関西ではこうする」「大阪では」「大阪だから」という台詞が
頻繁に出てくるけれど、大阪府民の目からしても、それが当てはまると思われるものもあれば、
全くそうは思わないものもある。
そのあたりがしっくりこない。

作者は関西人では無いのかな?


1・2巻収録エピソードタイトルになったメニューは
 「かしみん焼き」
 「セイロンライス」
 「肉吸い」
 「しょうがの天ぷら茶漬け」
 「みぞれあんかけたこ焼き」
 「たまごせんべい」
 「ホルモン中華そば」
 「おでん入りお好み焼き」
 「パパイヤトースト」
 「かすうどん」
 「ちりとり鍋」
 「鉄板イタリアン」
 「いか焼き」
 「一銭洋食」

一部を除けば、関西(大阪)でも一般的では無いメニューが揃っているのだけれど、
何処に行けば食べられるのかが明確に描かれていないことが多いので、
読み手に、こういうのが「関西」「大阪」では普通の料理であると誤解を与えかねない
、、、かもしれない。
気にしすぎか。

漫画だから仕方がないのだろうけれど、主人公の茶谷くんのオーバーアクションが鼻につく。
飯食らう度に「ぬほほ〜っ!」って叫ぶなよ・・・

また食べ方の描写に「おいしそう」と感じることがない。
無理矢理かき込んだり、ご飯粒飛ばしまくったり、食べながらベチャクチャしゃべったりと、
むしろ下品さを感じてしまう。

まあ、これは好みの問題かなあ。

私が読む食べ物系漫画のほとんどが、登場人物は比較的静かに食事するので
(例 「孤独のグルメ」「めしばな刑事タチバナ」「高杉さん家のお弁当」・・・)
そういうものに慣れていると、今回の作品の食事表現は、結構読んでいてしんどいです。



「これが大阪の人情と、コテコテB級グルメだ!」というのもいいのかもしれませんが、
かわいらしい「萌えキャラ」的な女の子たちが主人公で、
スタイリッシュな大阪グルメをかわいらしく食べ歩く、という漫画があってもいいのでは?

関東の出版人からは「ソンナノ大阪ジャナイ」と、企画的に厳しいと思われるのかもしれません。


スポンサーサイト

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

今年の「どん兵衛年明けうどん」。
最近、年末年始に発売されるようになった、日清食品「どん兵衛年明けうどん」

20160216どん兵衛01

20160216どん兵衛02
20160216どん兵衛03

今回も購入していましたが、いつもの調子で食べるのを忘れていました。

もう2月ですが、いただきました。


ちょっと写真の露出やらピントやらが残念です(^^;


いただきます。

20160216どん兵衛05
20160216どん兵衛04

具はとろろ昆布と梅、「寿」のかまぼこ、玉子。

シンプルです。


ですが、とろろ昆布と梅が入るだけで、いつもの「どん兵衛」の出汁がグッと変わりますね。

さっぱりして美味しい。


個人的には「きつね」や「天ぷら」より好みです。


「どん兵衛」の梅昆布うどん、通年販売でもいいんじゃないかな。
朝食にはちょうどいいかもしれません。

テーマ:カップめん - ジャンル:グルメ

阪神武庫川線 その5
西宮市内の散歩記録の続き。

第1回 H28.1.20 「阪神武庫川線 その1」
第2回 H28.1.24 「阪神武庫川線 その2」
第3回 H28.2.2 「阪神武庫川線 その3」
第4回 H28.2.14 「阪神武庫川線 その4」

前回は、武庫川線の廃線敷が引上げ線・保線用地として使われている北限である、小松跨線橋までを取り上げました。


小松跨線橋から北へ。

20150613西宮0501

上の写真右手の土手沿いの住宅地の取り付け道路を歩きました。
(この部分の写真を撮りそびれました)

20150613西宮0510

ここから先は武庫大橋まで完全に宅地化されていますが、道路一本とそれに沿って戸建て住宅が
お行儀良くが建ち並んでいるので、ほぼ廃線敷は迷うことなくたどることができます。


途中で道路が細くなり、土手から下りてきて西へ向かう細道に突き当たりますが、
ここを右折して西に向かうと、すぐに北に進む宅地街に出ます。


●ここから先の行程


右手(東側)に立ち並ぶ住宅地が廃線敷です。

左手(西側)の住宅が概ね右手と比較して、築年数が古く
廃線敷が造成される以前より宅地化したものと思われます。
ということは、この道路はその当時から存在したことになりますが、
一部廃線敷を利用して拡幅したのでしょうか。

国土地理院の終戦直後の航空写真で確認しようとするも、判別できませんでした。


20150613西宮0503
20150613西宮0504
20150613西宮0505
20150613西宮0506
20150613西宮0507

更に廃線敷の宅地街を進みます。

途中、造成の都合上か、道が西側にふれることもありましたが、廃線敷の宅地街はほぼまっすぐ北へと。


小曽根緑地。

20150613西宮0508
20150613西宮0509

武庫大橋はすぐそこです。


が、写真が多くなったので、今回はここまでとさせていただきます。

なんの目玉もない記事となりましたが(^^;



続きは早くアップしないと・・・というか。このブログ自体の更新が途切れがちですね。








テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

ジャスコで逢いましょう。
ふと記憶の奥底から浮上した CMソング。


「ジャスコで逢いましょう。」



ジャスコで逢いましょう。
素敵な笑顔にジャスコで逢いましょう。
ジャスコでね。




中学生時代、この曲の替え歌を聴いたことがあります。

ジャスコで万引き
ニチイでカツアゲ
ダイエーで食い逃げ、警察へ・・・


まあ、小中学生が好みそうな、たわいもなく、ちょっとお下品な替え歌ですね。


今気づいたのですが、ここに出てくる三社のスーパーブランドは既に亡かったり
消滅が予定されていたり。

そしてこれら三社が今や同じグループに存在するという・・・

何かの運命なのでしょうか。




「ジャスコ」CMソング替え歌については、地域によって様々なバージョンがあるようですが
私が聴いたこのバージョンは、当時の私の地元では、この3つのスーパーが幅をきかせていたことから
できたのでしょうね。


みなさんの近くでは、どんな「ジャスコ」替え歌があったのでしょうか?

テーマ:なつメロ - ジャンル:音楽

「かっぱえびせん Newロッテリアエビバーガー味」
なにやら近所のスーパーで特売されていたので買ってきました。

「かっぱえびせん Newロッテリアエビバーガー味」

20160222かっぱえびせん02
20160222かっぱえびせん03


昨年にも同じ企画があったようですが、その際は、ロッテリア側との相互乗り入れタイアップで、
カルビーの「かっぱえびせんエビバーガー味」のみならず、「ロッテリアかっぱえびせんバーガー」なるものも
あったようです・・・

今年はカルビー側だけの企画商品。そしてカルビーも本商品の専用紹介サイトの開設は無し。




とりあえず、この「かっぱえびせん Newロッテリアエビバーガー味」をいただきました。

20160222かっぱえびせん04

「かっぱえびせんのえびの風味を活かしつつ、
 エビバーガーの特徴であるタルタルソースとエビカツの味わいを再現しました。」


とのことですが・・・

20160222かっぱえびせん01


うーん。

タルタルはわかるとして、「エビカツの味わい」とはどのあたりにあるのだろうか?

「エビカツ」を探しながらポリポリポリポリ・・・

・・・あ、全部食べちゃったよ。

「エビカツ」、見つからなかったなあ。


とりあえず、マヨネーズ風味の美味い「かっぱえびせん」をいただきました。
ごちそうさま。

テーマ:おやつ - ジャンル:グルメ

日本マクドナルドの名称公募バーガー。
日本マクドナルドが名称を公募するという新商品、ようやく正式名称が決定したようです。


産経ニュース H28.2.22
「マックの公募バーガー、正式名称は「北のいいとこ牛(ぎゅ)っとバーガー」に決定」

日本マクドナルドの紹介サイト

20160222マクドナルド01

 日本マクドナルドは22日、名前を募集していた新商品正式名称を「北のいいとこ牛(ぎゅ)っとバーガー」に決めたと発表した。
23日から3月中旬までこの名称で販売する。
単品価格は390円(税込み)。

 同商品は2月2日から「北海道産ほくほくポテトとチェダーチーズに焦がし醤油風味の特製オニオンソースが効いたジューシービーフバーガー(仮称)」
として販売していた。
2月2日~15日まで新商品の正式名称を公募していた。
期間中に501万6926件の応募が寄せられたという。
応募者の中からグランプリとして1人選び、新商品10年分に相当する約142万円の賞金を出す。



ん〜。いいんだけど、普通っぽい名前になりましたね。
まあ、わかりやすくて良いと思いますが。

「経営危機!みなさん助けてバーガー」を応募しようとしていた私は
自虐体質で心の歪んだオヤジなんですかねえ。


まあ、こういう新商品も良いんだけれど、過去の商品のリバイバルにも力を入れて欲しいですね。

懐かしの「マックグラン」とか・・・


またもや更新をサボってしまいました。
今日はリハビリを兼ねた?軽い記事であることをお許しくださいませ。

え?「いつも内容が無い記事を書いているくせに」って?

ソレを言ってはお仕舞いですよ。



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

所澤秀樹「時刻表タイムトラベル」
所澤秀樹氏による「時刻表タイムトラベル」を読みました。



ネット検索が全盛の時代、もはや経路検索に利用されることが少なくなった時刻表。
それでも、読み物としての価値は薄れることがない。
昔の時刻表を紐解けば、過ぎ去りし日を思い出し、昔話に花が咲く。
相当悪かった列車内でのマナー。懐かしき食堂車のカレーライス。
戦前の海外までの連絡切符。栄枯盛衰の夜行列車。
さあ、時をかける紙上の旅へ。
(Amazon.co.jpより)



「読み物」としての時刻表からの、昔談義。


「列車編成」について。

グリーン車・普通車・寝台車・座席車。
これらをどのように配置するのかは、決して適当に決められていたわけではないことを知りました。
新幹線開業以前の会社員出張の大変さ等も語られていました。

「荷物列車」について、何故時刻表に掲載されているのか、
「貨物列車」とはどう異なるのかも初めて知りました。


「食堂車」について。

食堂車両についての歴史についても触れられていました。
明治期から新幹線食堂車までの歴史が、ざっと語られていました。

そう言えば、昔は急行列車で、蕎麦だかうどんだかを食べることができたんですよね。
うーん、一度食べてみたい。

新幹線食堂車についてはいい話ばかりではなく、着席できない人が、
食堂車の席を長時間占拠するということもあったと聞いたことがあります。
(関係ありませんが、最近も朝ラッシュの快速列車のトイレを延々占拠する不心得者の話も
 思い出しました。
 「入れる」ところと「出す」ところで違いますけれど(^_^; )


「戦前の鉄道」について。

戦前の海外との欧亜間連絡運輸については、現代とは異次元の話であり、
航空機1本での渡航とは異なるロマンを感じさせられました。


「多層立て列車と夜汽車」について。

旧国鉄時代の急行・準急は、複雑に連結・切り離しを繰り返す「多層立て」が一般的でした。
私の小学生時代まではそうだったかな。

急行列車は、特急に格上げになったり、快速や各駅停車に格下げになったり、丸ごと消滅したり、
路線自体が消滅したりして、どんどん数を減らしていきましたね。

多層立てというのは、合理化の中での工夫だったのでしょうが、複雑な運行を招いただけのような気がします。

現在、多層立てと言えば、私の周りでは、「関空紀州路快速」ぐらいかな。
規模的には大したことはありませんが、運行本数は国鉄時代の多層立ての比ではありません。

夜行列車のロマンについても語られていましたが、この本が書かれたのは5年前。
まさか著者も「北斗星」「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」が根絶やしになるような現状は
予想されていなかったようです。


この本、読み終えたのは昨年の9月なんですよね。
以前より読書記録をブログでつけるようにしていたのですが・・・

最近は散歩記録同様に、読書記録をつける頃には
ほとんど内容を忘れているので、思い出すのが大変です。



テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌

阪神武庫川線 その4
西宮市内の散歩記録の続き。

第1回 H28.1.20 「阪神武庫川線 その1」
第2回 H28.1.24 「阪神武庫川線 その2」
第3回 H28.2.2 「阪神武庫川線 その3」


阪神武庫川駅の北側、武庫川線の引上げ線を拝見したのが前回。


それから、一旦引上げ線東手の武庫川(河川)堤防上の道路へ。

20150613西宮0416
20150613西宮0401


堤防上の道路を北へと歩きながら、武庫川線の引上げ線を眺めます。
引上げ線沿いに歩くルートが確認できなかったためであります。

20150613西宮0402

堤防上の道路は、ほとんど歩道がなく、散策には注意です。

何故歩道がないのかと言えば、写真にはありませんが、
武庫川(河川)の河川敷に、立派な散策路が整備されているからだと思われます。

で、堤防から引上げ線沿いに里道?犬走り?的な狭い通路に降りる階段があったので
再び下へ降ります。

20150613西宮0403
20150613西宮0404
20150613西宮0405


引上げ線が終わると、複線敷地は保線部材置き場となり、そのまま堤防沿いを北へ。

20150613西宮0406
20150613西宮0407
20150613西宮0408
20150613西宮0409

武庫川(河川)に東西にかかる武庫川橋から続き、旧武庫川線敷地をオーバーする小松跨線橋。

20150613西宮0413
20150613西宮0412
20150613西宮0411
20150613西宮0415

この下で阪神の保線部材置き場は途切れています。

跨線橋上から、南方面を眺めます。

20150613西宮0410


跨線橋から北側へ降り、跨線橋下から南を眺めます。

20150613西宮0418

フェンスの隙間からパシャリと。

20150613西宮0417

多分、民有地には入っていないと思うのですが・・・


跨線橋ガーターは掛け替えられているようで、取り付け金具などはありませんでしたが
「跨線橋」という名前自体、橋桁の雰囲気、南北に延びる細長い敷地からも、
ここに鉄道が走っていたという痕跡を明確に捉えることができます。


今回の行程。



Googleマップを拡大すると、この先も武庫川線の廃線敷をほぼ確認できるのが興味深いですね。




まだまだ北へと進みます。

20150613西宮0414

というわけで、とりあえず続きます。

「見たくなくても見る」。




どうでもいいことですが、河川の「武庫川」、「武庫川駅」、「武庫川線」、「武庫川橋」と
固有名詞に「武庫川」が続くので、書いていて何ですが、何だか混乱しそうです。


テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

さらば、ヤマザキナビスコ。
日本経済新聞電子版 H28.2.12
山崎パン、ヤマザキナビスコの商号変更 米社との契約終了で

 山崎製パンは12日、技術・商標ライセンス契約終了に伴い子会社ヤマザキ・ナビスコの商号を
変更すると発表した。9月からはヤマザキビスケットとして営業する。
「オレオ」や「リッツ」、「プレミアム」と「チップスアホイ」といった4ブランドのビスケットや
クラッカー菓子の製造は8月末で終了する。

 ヤマザキナビスコは1970年、山パンと米ナビスコ、ニチメン(現双日)による合弁会社として発足した。
現在は山パンが80%、双日が20%を出資。
米モンデリーズ・インターナショナルと「ナビスコ」ブランドや「ナビスコ・トライアングル・マーク」の
使用許諾を受けている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕


ヤマザキナビスコと言えば、クラッカーの「リッツ」。
子どもの頃はそのままいただいたり、生クリームやフルーツを載せていただくことが多かったのですが
オッサンになると、チーズを載せたり、生ハムを載せたりして、おつまみとしていただくことが増えました。

いずれにせよ、「いつもそばにある」クラッカーだったのですが。


寝耳に水のこの知らせ。

どうやら、現在「ナビスコ」ブランドを所有している米モンデリーズ・インターナショナルから
の締め付けが、ブランド使用契約更新の度に厳しくなっていたところ、
ついに「下請けとして製造だけやってくれ」と通告され、今回のブランド使用返上に至ったとのことで。

ヤマザキ側が「ナビスコ」ブランドの定着に賭けた情熱と労力、資金はかなりのものであったようで
経営陣としても断腸の思いだったのでしょう。

8月末でヤマザキナビスコは「ナビスコ」ブランド商品の製造を終え、
以降は「ヤマザキビスケット」に社名変更するそうです。
9月からはモンデリーズが直接手がける「ナビスコ」商品が店頭に並ぶそうですが、
ヤマザキナビスコの「ナビスコ」も11月までは在庫販売が続くそうなので、
過渡期は二つの「ナビスコ」が店頭に並ぶことになりそうですね。


ヤマザキ側は、契約による制限がなくなる17年12月以降、競合商品の投入を検討するほか、
これまでライセンス契約で制限されていた海外事業にも取り組むそうなので、
今後の奮起に期待したいところですね。

がんばれ、日本企業!


そう言えば、と手元にあったリッツのパッケージ。
開封済みですけど。
(なんだか見苦しいものも写っていますが、ご勘弁を)

20160213リッツ05
20160213リッツ02
20160213リッツ03
20160213リッツ01
20160213リッツ04


モンデリーズ版のパッケージはどう変わるのか、それもちょっと気になります。


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

iPhone6sPlus。
iPhone3GSの頃から6年間お世話になってきましたソフトバンクモバイル。


色々ありまして、この度の機種変更に際して、NTTドコモに乗り換えました。



そして新機種は、iPhone6sPlus

20160211iPhone

シルバーを手に入れたかったのですが、在庫の都合でゴールドに。
まあ、これはこれでいいかと。

それにしても、iPhone5sからiPhone6sPlusへの機種変更だと
あまりにも大きさが異なるので、ちょっと戸惑うことばかりです。


よく考えたら、例年通りであれば、あと7ヶ月もすればiPhoneの新機種が世に出るのですね。

そしてこれもまた例年通りの流れであれば、次回はフルモデルチェンジで
「iPhone7」になるのでしょうね。

気にしていたら、いつまで経っても新機種に変更できませんけれど。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.