とりあえず、そのままで。
40オヤジのだらだらとした日常を書き綴ります。
201504<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201506
「NO MORE」と「ユルセナイ・・・」
少し前に、JR駅構内で見かけたポスター。


「NO MORE 痴漢!」


chukan270512_01



「痴漢 ユルセナイ・・・」


chukan270512_02


アメコミ風であったり、女性コミック風であったり。



それにしても、「痴漢」関連ポスター、多すぎです。

スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

日本マイクロソフト社内でLumia830。
日本マイクロソフト 公式サイト H27.5.25
日本マイクロソフト 社員向けスマートフォンについて

lumia270531

このたび、日本マイクロソフトでは、社員のプロダクティビティのさらなる向上をめざし、
社員向けのスマートフォンを現在の「IS12T」より、
マイクロソフト製のスマートフォン端末「Lumia 830」に変更することを決定しました。

Lumia 830 は日本市場では未発売製品でありますが、このたび社内用途向けに、
日本市場で活用する上で必要な手続き*を完了し、社員に配布を開始しました。

*総務省令で定める技術基準適合証明を取得し、技適マークを付与

Lumia 830 は、OS に Windows Phone 8.1 を搭載しており、
今後 Windows 10(現在開発中)にアップデート可能です。


なお、今回の社員向けスマートフォンの機種変更は、
「Microsoft Lumia」の日本市場での事業展開・製品発売を直接的に意味するものではありません。
しかしながら、社内での様々な活用をショーケースとして位置づけ、
今後の Windows ベースのスマートフォン関連事業を検討・展開していく上で役立てていきます。



日本マイクロソフト社の、社員向けスマートフォンは、
既にサポートの終了した、auの富士通製「IS12T」を無理して使用していたわけですが。

Windows10のリリースが迫るこの時期に、
日本でのWindows Phone販促に取り組むはずのMicrosoft日本法人が、
いつまでも、古いWindows Phone 7.X端末を使い続ける現状が問題視され、
ようやく代替機種の転換に至ったのでしょう。


正直、遅すぎる対応だと思います。
もっと早く対処するべきだったと思います。



Windows Phoneの日本展開については、「IS12T」のビジネス失敗以降も、
いろいろとMicrosoftの取り組みはあったようですが、結果的に日の目を見ることが無く。


最近になって、国内数社からWindows Phone端末リリースの発表がありましたが、
とりあえず日本マイクロソフトは、もっとも早いリリースが予想される
マウスコンピュータの「MADOSMA」を採用するのかと思っていたら

まさか「Microsoft Lumia 830」を、自社独自で技的通してくるとは思いませんでした。


いずれにせよ、日本マイクロソフト社内での、この端末の運用により、
今後のWindowsスマートフォンの展開に対し、精力的な実験・活発な意見交換が行われ
よりより商品のリリースにつながることを望みます。


できれば今後、「Lumia」シリーズを、タブレットの「Surface」同様に、
日本国内でもMicrosoft純正ブランドとして、大々的に販売していただきたいものです。


テーマ:Windows - ジャンル:コンピュータ

新春の奈良 (3)春日大社参道
新春の奈良 1月11日(日)

奈良市内ひとり散策の記録です。

第1回  H27.5.14 「新春の奈良 (1)JR奈良駅」

第2回  H25.5.18 「新春の奈良 (2)三条通」


奈良270111_03_01

春日大社の大鳥居をくぐり、参道を進みます。

奈良270111_03_02
奈良270111_03_03

奈良270111_03_04
奈良270111_03_05
奈良270111_03_06
奈良270111_03_07
奈良270111_03_08
奈良270111_03_10
奈良270111_03_11

鹿さんが気ままにくつろいでいる横をブラブラと散策していきます。


ふと目にとまった灯籠。

奈良270111_03_09
奈良270111_03_15

「奈良そごう」とあります。


私の大学時代であったか、今にして思えば、いかにもバブル的な華々しいオープンを果たした百貨店
「奈良そごう」。

開店時は、マスコミで大きく取り上げられ、店舗もかなりの賑わいを見せました。
各地に設けた駐車場から、専用バスで送迎していたという記憶も残っています。

「そごう」の出店を受け、対抗上、奈良ファミリー内の近鉄百貨店奈良店も改築されました。

が、「奈良そごう」の末路は、いかにもバブル期に新規出店した百貨店、というイメージで寂しいもので
ありました。
(閉店後はイトーヨーカ堂が出店。)



この写真の灯籠は、その「奈良そごう」の寄進によるものなのですね。



話が脱線しますが。


「そごう」はバブル期の無理な出店戦略と、阪神淡路大震災での被害がきっかけとなり
経営不振に陥り、最終的に民事再生へ。

紆余曲折を経て、セブン&アイホールディングスの参加に下った「そごう」には、かつての勢いはなく
復活のシンボルとして再オープンした、心斎橋店も4年ほどで閉店。
開業の地から撤退することに。。。


「そごう」は関西では現在、「神戸」「西神」のみの営業となりますが、
かつては「心斎橋(旧本店)」「奈良」「加古川」の店舗が存在。

更には「茨木」「中百舌鳥」「湊町」「阿倍野」にも出店計画があったらしい。

「阿倍野」には、長らく出店予定地に「そごう駐車場」がありましたね。
少し離れたところに出店した「そごうHOP」の存在からも、「そごう」の阿倍野地区への
出店の強い意向が感じ取れました。
(結局、出店予定地にてキーテナントとして開業したのは、またもやイトーヨーカ堂。)


それにしても「阿倍野」はともかく、「心斎橋」があるのに、すぐそばの「湊町」に出店するなんて、
どう考えても無謀な計画としか言いようがない。

コンビニのドミナント戦略じゃないんだから。

出店しても、おそらく中規模店舗でバブル崩壊後は店舗戦略に苦闘し、
比較的に短期間で閉店したのではないかと、OCATビルの現況からも予想されます。




話は戻りまして。


参道を更に進みます。

奈良270111_03_12
奈良270111_03_13

いよいよ、春日大社の南門に到着。

奈良270111_03_14


というところで、とりあえず、次回に続きます。

テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

今邑彩「盗まれて」
今邑彩の短編集「盗まれて」を読み終えました。



優秀なゴースト・ライターだった夫が、本当の「幽霊」になってしまった!困り果てる売れっ子作家に、
夫の幽霊から電話が…(「ゴースト・ライター」)。
中学時代の同級生から、十五年の歳月を越えて送られて来た手紙とは(「時効」)。
ミステリーはいつも電話と手紙によって運ばれる。傑作推理短篇集。




「ひとひらの殺意」。
・・・少女による残酷な断罪と、ひらひら舞い散る桜の花びらの姿が心に響く。

「盗まれて」
・・・女性同志の通話を通して、にじり寄ってくるような、人の悪意。

「情けは人の・・・」
・・・男児誘拐というクライムストーリーと見せかけて、情に訴える一編。

「ゴースト・ライター」
・・・二重ゴーストライター構造と心霊話を掛け合わせ、「ありえない」「ありがち」と
   思わせながらも読み手を引きつける小気味の良さ。

「ポチが鳴く」
・・・犬を巡るホラー。家族に受け継がれる「業」をというものを感じさせられる。

「白いカーネーション」
・・・ひとつの花を巡り、語り継がれる親子の愛憎。読後切なくなります。

「茉莉花」
・・・歪な家族構造が招いた悲劇の図が、邂逅した異母姉妹により紡がれる。
   二重家族と聞くと、クイーンの「途中の家」を思い出します。

「時効」
・・・ほろ苦く甘酸っぱい青春と、苦々しい犯罪の接点。
   全てが明かされる結末部分を読み終えてもなお、幻想的なイメージを抱く。



例のAmazonのリンクが張れなくなるという状況があり、本書の感想に触れる
機会が遅くなり、結果として、内容をほとんどおぼえていないという始末。。。

最近は物覚えがめっきりと悪くなりました。

とりあえず、もう40台も半ばですからねえ・・・
   
   

テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

タカラダニと私。
毎年、春から秋にかけて、庭に出没する、アレ。

赤くて、小さくて、すばしっこい。

タカラダニ270525


「タカラダニ」という生き物です。


その生態は未だによくわかっていないようですが、特に人体に影響はないようです。


とは言え、赤くて小さい奴が、ウジャウジャ動き回っていると不愉快なわけで。


今年は屋内にも出没し、とりあえず、見つける度につぶしていたのですが。



奴め、なんてところに!

タカラダニ270518

iMacの画面の内側に!


少し前まで、画面の上を走っていたと思っていたら、どこからかMacの内側に
進入したようです。

あまりにもすばしっこいので、写真撮影も大変です。


発見してしばらくは、27インチのiMacの画面(の内側)を縦横無尽に走り回る
タカラダニの姿を見かけたのですが、今は落ち着いています。
死滅したのでしょうか?


ところで、このタカラダニ、単為生殖を行うようで。
雌だけで繁殖ができるとか。というか、雄は発見されていないらしい。

ということは、iMac内側のタカラダニが無事であれば、
条件さえ整えば、来年の今頃、iMacの内側をタカラダニの大群がウジャウジャと
動き回る記事をアップすることになるかもしれません。


・・・そんな記事はアップしたくない!




とりあえず、今宵はこれまで。

皆様、オヤスミナサイ。

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

Surface3、いよいよ発売。
今日、家電量販店の入り口で見かけたポスター。

「世界初LTE対応 Surface3 登場!!」


270524Surface3


Gigazine H27.5.19
ソフトバンクからLTE搭載「Surface 3」発売、一般向けは4G LTEモデルのみで価格は8万1800円から


「Pro」ではない、Microsoft「Surface3」が、いよいよ日本でも発売ですね。

ARMプロセッサとWindowsRT搭載という特色を捨て、ATOMプロセッサとWindows8.1Update採用。

個人向けはLTEモデルのみ、MS Office標準装備。


Appleの新型MacBookとは別の、モバイルPCに対する回答だと思います。


ATOMプロセッサはMacBookのCoreMよりも非力という印象ですが、
フルスペックのWindowsを走らせるのに十分とのレビューがあります。
しかし、Photoshopをゴリゴリ動かすのはどうなんだろう。

基本はタブレット。
あのMicrosoft謹製のTypeCoverでは長時間の使用は厳しい。
ごりごり使うには、フルサイズのキーボードが必須かな。


こういうのを見せられると、MacBookにもLTEモデルが欲しくなりますね。


私の場合は、とりあえず、次にiPadを買い換える際には、タブレットとして比較対象として
購入検討するかもしれませんが、
仕事にメインで使うPCとして、購入検討することは逡巡しますね。

魅力的な端末だとは思うのですが。















テーマ:Windows - ジャンル:コンピュータ

「2016年。阪和線に、新車がぞくぞく登場。」
JR大阪駅で見かけたポスター。


「2016年。阪和線に、新車がぞくぞく登場。」


270522阪和線新型

「安全と快適性にこだわった新車が登場。
 普通電車も、順次新車になります。」
「2016年度から2017年度に、阪和繊維122両の新車を導入します。」
「Refresh! Hanja-Line」



色々書かれていますが。

大阪環状線でのPRにある「新型車両」ではなく、こちらでは「新車」と表現。

そして、このポスターでの、ずらりと並んだ225系。

やはり、阪和線に導入される「新車」とは、225系(もしくはその新番台)なのでは?
と想像してしまいます。

となれば、阪和線(羽衣支線は除く)での非特急の運用が、223/225系に統一されることに
なるのかと。



まあ、とりあえず、今年中には事実が判明するんでしょうけれどね。


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

「マイショップ機能の終了のお知らせ」
5月13日の記事。

「amazon商品検索のリンクの件」


「FC2ブログにAmazon.co.jp商品検索のリンクが埋め込めない」という現象について。

素直にFC2事務局に問い合わせしましたところ、

「お問い合わせいただきました件につきましては
現在調査中となっており、
原因の調査、修正に時間を要している状態となっております。」


とのことでした。


そして今、検索ボタンを押すと

amazon検索270513_02

      ・
      ・
      ・
      ・

amazon検索270521

「マイショップ機能の終了のお知らせ」

平素は、FC2ブログをご利用いただき、誠にありがとうございます。
2015年5月を持ちまして、マイショップ機能を終了させていただくこととなりました。
これまでご愛顧いただきましたことを感謝するとともに、ご利用の皆様にはご迷惑をおかけすることを
深くお詫び申し上げます。
今後はAmazon アソシエイトから取得するタグをブログに直接貼り付けるなどの方法でご利用ください。
何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

・本機能終了に先立ち、AmazonアソシエイトIDの登録および商品の検索、登録を停止いたします。
・登録済みのAmazonアソシエイトIDおよび商品につきましては、2015年6月末までご利用いただけます。
・今まで登録した商品リストのデータは、以下のボタンよりHTLM形式で一括エクスポートいただけます。
 ご利用期間は共に2015年6月末までになります。



とりあえず、今後もFC2ブログでのAmazonからの商品検索・登録はできないと言うことで。


FC2事務局さんからは、同じ内容の回答メールも送付されてきました。



うーん。なんだかなあ・・・


どうしてこうなったのか、FC2を巡る最近の報道とかも関係するのでは?とかも妄想しましたが
なんら根拠のないことで・・・


Amazonアソシエイトは登録済みなので、今後、Amazon商品の紹介記事は、
FC2の推奨する「Amazon アソシエイトから取得するタグをブログに直接貼り付ける」方向で行こうかと。



とりあえず、釈然としない気分のままですね。

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

その名は、「MADOSMA」。
ケータイ Watch H27.5.20
マウスのWindowsスマホ、「MADOSMA」(マドスマ)ブランドで展開


madosma27051
マウスコンピューター社様 「MADOSMA」サイトより拝借。 )

 マウスコンピューターは、開発を表明しているWindows OS搭載のスマートフォンを、
「MADOSMA」(マドスマ)ブランドで展開していくと発表した。
開発中の端末について、主な仕様も発表されている。
なお、価格や発売時期、販売チャネルは後日改めて発表される。


 同社は2015年2月にWindows Phone 8.1を搭載したスマートフォンの開発を表明し、
3月にスペインで開催された「Mobile World Congress」では一部に試作機を披露していた。
発表された仕様によれば、HD液晶やSnapdragon 410、800万画素カメラを搭載することなどが
明らかになっている。

 新ブランドは、Windowsの利便性をスマートフォンにまで広げる「窓」を開くことで、
新たな可能性を提案する、と説明されている。

 新たに公開された外観デザインでは、背面の中央に新ブランドのロゴ、
背面下部にはWindowsのロゴが、ライトグリーンの色で配置されている。
液晶ディスプレイの下側に配置された3つのボタンやそのデザインも明確になっている。

 なお、Windows 10 Mobileへのアップグレードについては、3月の時点で、
製品企画部 部長の平井氏が、対応したいという意向を示しているが、
今回の発表ではアップグレードについて触れられていない。
今後の発表の中で、何かしらのアナウンスがあるものと思われる。


主な仕様
 主な仕様は、搭載OSがWindows Phone 8.1 Update。ディスプレイは約5インチ、
1280×720ドットのIPS液晶。チップセットはクアルコムのSnapdragon 410「MSM8916」で、
1.2GHzのクアッドコア。メモリ(RAM)は1GB、ストレージは8GB。microSDカードを利用でき、
16GBのmicroSDカードが同梱される。

 メインカメラは800万画素、インカメラは200万画素。Wi-FiはIEEE802.11b/g/nで、
Bluetooth 4.0、GPS、A-GPS、加速度センサー、電子コンパス、近接センサー、光センサーを搭載する。

 LTEはカテゴリー4をサポートする。通信方式はLTE、W-CDMAをサポート。対応する周波数帯は、
LTEがバンド1(2.1GHz)、3(1.8GHz)、19(800MHz)。
W-CDMAはバンド1(2.1GHz)、8(900MHz)、19(6)(800MHz)。

 バッテリー容量は2300mAhで、取り外しが可能。SIMカードのサイズはmicroSIMカード。

 大きさは約142.8×70.4×8.4mmで、重さは約125g。



いよいよ、「技適」対応のWindowsPhone8.1端末がリリースされるのですね。

いささか、というか、かなり時機を逸した気もしないでもありませんが、
来るWindows10時代を見据え、AndroidやiOS搭載端末と差別化を図りつつ、
MVNOによる新たなビジネススタイルを築こうというマウスコンピュータ社の取り組みは
果たして成功するのでしょうか?

個人的にはWindowsPhone8.xに関心があるのですが、大手キャリアがほとんど無視しているので
これまで実際に使用の機会はなく・・・

OSには今時スマートフォンの一通りの機能を有しているものの、アプリはどうなんでしょうねえ。
TwitterやFacebook、Skypeあたりは用意されるのでしょうが。
手頃なゲームとか、辞書関係はこれからでしょうね。

純正地図アプリが数年前のiOS以上にひどかったはずですが、どうなったのかな?



「「MADOSMA」というネーミングがひどい」という意見もありますが、
そもそも「スマホ」「ガラケー」なんて略称が一般に定着している世間ですから、
さほど問題は無いかと思います。


テーマ:携帯&モバイル関連ニュース - ジャンル:携帯電話・PHS

新15インチMacBook Pro。
現在愛用のiMac(27-inch, Mid 2011)ですが。

購入後、3年半を超え、ぼちぼちと調子が悪くなってきました。

まだまだ使えるとは思いますが、そろそろ新型が欲しくなる頃。

妄想の中でMac買い換えをあれこれと楽しんでおります。



長らくiMacをメインマシンとしておりましたが、
現在のマシンはハズレなのか、何度もお店に入院。

そのたびに、あの重いボディをお店まで運ばなければならなかったのが苦痛で。


次のメインマシンは、可搬性に優れ、性能も申し分ない15インチモデルMacBookPro Retina。

画面サイズが小さくなることは、外付けディスプレイの併用で解決。



が、春のMacBookシリーズ更新の際、MacBookPro Retina15インチモデルは従来モデルのまま
据え置き。


どうなるのか?
Intelの新CPUが出回るまで、このままなのかと思っていたら。



本日、あっさりと新型に置き換わっていました。


PC Watch H27.5.19
ストレージを高速化し感圧タッチパッド搭載の新15インチMacBook Pro

 アップルは19日、より高速なストレージや新しいMacBookで採用された
感圧タッチトラックパッドを搭載した「15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」
を発売した。

 実際には沈み込まないが、指で押した圧力を検知して、あたかも押下し、
カチッとクリックしたような感触をフィードバックする感圧タッチトラックパッドを搭載。
パッドのどの位置でも一貫したクリックができ、「強めのクリック」による新しい機能にも対応する。

 また、従来より2.5倍速い2GB/secのフラッシュストレージを採用したほか、
バッテリ駆動時間が従来の8時間から9時間に伸びた。

 それ以外の仕様は従来からほぼ変わっておらず、下位モデルは2.2GHzのCore i7(ビデオ機能内蔵)、
メモリ16GB、ストレージ256GB、2,880×1,800ドット表示対応15.4型液晶を搭載し、
税別価格は224,800円。上位モデルは、CPUを2.5GHzのCore i7、ストレージ容量を512GBに変更、
GPUにRadeon R9 M370Xを追加し、282,800円。

 インターフェイスは、USB 3.0×2、Thunderbolt2×2、HDMI出力、SDXCカードスロット、
IEEE 802.11ac/a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、音声出力などを装備。
本体サイズは358.9×247.1×18mm(幅×奥行き×高さ)、重量は2.04kg。



AppleStoreでも確認しました。

mac 20150519_01

CPUが据え置きなのが気になりますが、それ以外は順調な進化なのでしょう。


併せて、ひっそりとiMac5K Retinaにも3.3GHz版が追加されていましたが、
これまでの3.5GHz版と比較すれば、中途半端な廉価版で、全くバリュー感がない。

mac 20150519_02





で、実際のところ。

このMacBookProを本当に買うのか?


・・・とりあえず、お金がないので買えません。



というわけで、今宵はとりあえず、これまで。

皆様、オヤスミナサイ。

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.