とりあえず、そのままで。
40オヤジのだらだらとした日常を書き綴ります。
201503<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201505
「滋賀限定 草津メロンキャラメル」
滋賀県下の「ローソン」で購入した一品。

草津メロンキャラメル2704_001
草津メロンキャラメル2704_002

「滋賀限定 草津メロンキャラメル」


パッケージには「滋賀県産草津メロン使用」「原材料供給元:JA草津市」とあります。

草津市ではメロンの栽培が盛んなのでしょうか?



パッケージのキャラクターは、「滋賀県ふるさと観光大使」である、
T.M.Revolutionの西川貴教氏をモデルにした「タボくん」だそうです。



パッケージを空けて一粒、口に含んでみました。

草津メロンキャラメル2704_003
草津メロンキャラメル2704_0045

確かに上品なメロンっぽいの味わいが口に広がります。
実際、メロン果汁を使用しているようです。
甘さは控えめ。


まあ、でも。
二度は買わないかなあ・・・



「滋賀県のおいしいコレクション」というサイトを拝見すると、
この草津メロンキャラメルには姉妹品があるようです。

草津メロンキャラメル2704_004

でもねえ。

さすがに「ふなずしキャラメル」は売れないと思います・・・
こちらのサイトでレビューされていましたが・・・)

北海道の「ジンギスカンキャラメル」のライバルと言えるかもしれません・・・


スポンサーサイト

テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

従来型の携帯端末終了。
久しぶりの更新になりました。

何故、更新が止まっていたかと言えば・・・


寝不足でダウンしたり
飲みに行って、泥酔状態だったり
自宅の鍵を紛失して、大捜索でダメージを受けていたり


そんな感じです。






日本経済新聞電子版 H27.4.24
従来型携帯の生産終了 国内各社、17年以降
NECは端末完全撤退


 パナソニックなど日本の携帯端末メーカーが独自の基本ソフト(OS)を載せた従来型携帯電話、
通称「ガラケー」の生産を2017年以降に中止する。
スマートフォン(スマホ)の普及が進み、ほぼ日本だけで通用する従来型携帯は開発が重荷になっていた。
コスト削減のため、開発する全端末のOSをスマホの標準である米グーグルのアンドロイドに統一する。
日本がかつてけん引した従来型携帯の基幹技術がその役割を終える。

 スマホが主にタッチパネル式の画面を搭載し、様々なアプリ(応用ソフト)を取り込んで機能を
拡充して使うのに対し、従来型携帯は通話やメールなどの機能に重点を置き、
OSなど基幹技術を端末メーカーと通信各社が共同開発してきた。

 今回、メーカーは独自OSの携帯機種の生産を中止する。
ただ、折り畳み式やボタンが付いている形状は中高年を中心に根強い人気があるため、
外見や操作性が従来風の端末の生産は続けるが、実態は従来型ではなくアンドロイド機種となる。
NTTドコモの「iモード」などのサービスは当面維持する。

(以降リンク先記事参照 ただし、有料会員限定(^_^; )




いよいよ従来型携帯(意地でも「ガラケー」なんて否定的というか自虐的な表現は使いません)が生産終了という知らせ。
まあ、スマートフォンに利用者が流れ、ユーザーが減少する中で
多様化する情報環境の中で開発が次第に厳しくなりつつあるという状況はわかる。

Androidを従来型携帯端末のOSとして採用することは、確かに効率的だともう。
多額の開発費の圧縮につながるだろうし、ユーザーのスマートフォンへの誘導も比較的容易になるのでは。

しかし、かつての「iモード」やら「写メ」やら「おサイフケータイ」やらのヒットを振り返ると
一つの時代が終わったのだと感じ、寂しくなりますね。

テーマ:携帯電話 - ジャンル:携帯電話・PHS

東野圭吾「夢幻花」
「積ん読」状態からの一冊。

東野圭吾著「夢幻花」を読み終えました。


夢幻花(むげんばな)夢幻花(むげんばな)
(2013/04/18)
東野 圭吾

商品詳細を見る



黄色いアサガオだけは追いかけるな―。こ
の世に存在しないはずの花をめぐり、驚愕の真相が明らかになる長編ミステリ。
(Amazon.co.jpより)



日本刀による通り魔殺人という衝撃的なプロローグから受け継がれる本編。

かつては存在したが、人知れず失われていった「黄色いアサガオ」をめぐり暗躍する人々・・・

それぞれの目的を喪失した若い男女が事件に巻き込まれ、、、というか
自ら首を突っ込んでいき、到達した事件の真実とは・・・

そして、とある思いを胸に、捜査本部とは別の行動を続ける刑事も、
喪失感を抱いている。

事件解決とともに、それぞれが自分の過去に向き合い、新たな一歩を踏み出す・・・



安直な陰謀ものではなく、きちんとしたミステリーとして
飽きずに一息に読ませるのは著者の力量に拠るものですね。

まあ、過去からの因縁については、少々無理があるという印象はありますが(^_^;


本書は刊行の10年程前に連載されたものに加筆の上刊行されたとのこと。

主人公のひとりが関与する原子力云々は、正に加筆分にあたるんでしょうね。
あまりにも露骨すぎて、ちょっと鼻につく感はありますが。

このくだりがないと思われる、当初のこの作品はどのような展開であったのか
ちょっと気になりました。



それにしても、「黄色いアサガオ」が自然には存在しないという話は、本書で初めて知りました。

「青いバラ」とか「青いチューリップ」の話は聞いたことがありましたが。

今は遺伝子改良により、いずれも開発に成功しているのですね。

テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

至急、応援を。
最近、鉄道駅にて、警察官募集のポスターを見かけました。


滋賀県。

「本気の君を採用したい」

警察官募集2705_02

ストレートです。

こういう直球勝負は好きです。




大阪府。

「至急 大阪府警に応援を」

警察官募集2705_01

大阪府警は危機的状況にあるのかと、
少々不安になりましたが、緊迫感・臨場感が伝わってくるポスターですね。




近年、全国の都道府県警では警察官募集に苦心されているとか。

それぞれPRにも力が入っているようです。



しかし、去年の大阪府は・・・

「草食系より大阪府警」

警察官募集2705_04

・・・なんのこっちゃ。




4年前の三重県「MKB58」にも驚きましたが・・・

警察官募集2705_03

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

年始・龍田大社参拝 (3)
平成27年1月3日(土)。

年始のお散歩記録、続きです。

H27.4.5 「年始・龍田大社参拝 (1)」
H27.4.15 「年始・龍田大社参拝 (2)」

龍田大社参拝後、徒歩でJR王寺駅へ。




龍田大社から一旦、三郷駅近くまで戻り、後はJR大和路線沿いの道路を奈良方面へ。

三郷王寺270103_03_01
三郷王寺270103_03_02
三郷王寺270103_03_30


「立野踏切」を南に渡り、「神前橋」で大和川の南岸に渡ります。

三郷王寺270103_03_03
三郷王寺270103_03_04
三郷王寺270103_03_05


国道25号線沿いを東へ少し進み。

三郷王寺270103_03_29
三郷王寺270103_03_06


「新出合橋」で再び北岸へ。

三郷王寺270103_03_28
三郷王寺270103_03_07

川沿いの道を歩き、JR王寺駅へ。


三郷王寺270103_03_08
三郷王寺270103_03_09
三郷王寺270103_03_10
三郷王寺270103_03_11


JR王寺駅前の「りーべる王寺」地下の「大阪うどん きらく」さんへ。

三郷王寺270103_03_12
三郷王寺270103_03_19

つい最近、このお店訪問の記事を書きましたが・・・

三郷王寺270103_03_13
三郷王寺270103_03_14
三郷王寺270103_03_15

正月限定の「年明けうどん定食」を注文しようかと思いましたが、
「かやくごはん」とのセットしか選べないと聞き・・・


「太閤うどん定食」でセットは玉子かけご飯を注文しました。

三郷王寺270103_03_16
三郷王寺270103_03_17

「太閤うどん」。

えび天、肉、お揚げが乗っていて、満足です。



この後、近鉄王寺駅から近鉄王寺線で生駒へ。

三郷王寺270103_03_21
三郷王寺270103_03_23
三郷王寺270103_03_24

初めて全線乗りつぶしました。

途中の沿線での写真はありませんが、なかなか風光明媚な沿線で、
改めて各駅途中下車したいものだと思いました。



近鉄奈良線で、大阪難波駅へ。

三郷王寺270103_03_25


この日は友人との新年会。

三郷王寺270103_03_26
三郷王寺270103_03_27

存分に酔っ払って帰りました。



年始の龍田大社参拝記録はこれにて完結。


長らくおつきあいいただき、ありがとうございました。

テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

「この街をテロから守れ」
掲出され始めてから、結構経っているようには思いますが。

今更敢えて取り上げます。


まもれ270410

「この街をテロから守れ」


ドキッとするフレーズです。

フィクションではなく、現実に私たちの暮らしにテロが忍び寄ろうとしている・・・

そしてテロの脅威から国民を守ろうとする警察組織の奮闘・・・

それを実感してしまう、この一枚のポスター。


ご覧の通り、「パトレイバー THE NEXT GENERATION」のタイアップなのですが。

おそらく、版権スチールをそのまま使用していると思うのですが。

いずれにせよ、キャンペーンの趣旨とスチールがきちんと合致しています。


前々回の記事で取り上げた「選挙に行くっ」は、
オリジナルの「萌えキャラ」イラストを利用しているはずなのに、
イラストとキャンペーンの関連性が感じられず、
「とりあえず、若者に受けそうな萌えキャラ使ってみました」的な、でっち上げ感が漂ってくるという・・・

今回の警察ポスターとは対照的に感じます・・・



ところで、今回取り上げたポスター、「警察庁、都道府県警察」とあるので、
全国で掲出されていると思うのですが。


未だに「警察庁」と「警視庁」の区別がつかない人が、無視できないほど存在するって
言うことに驚きを感じます。
(個人的には「警視庁」は「東京都警」に名称変更して欲しいと思うのですが。)

日本の警察組織の構造が理解されていない・・・

全国の警察のトップは「警視総監」って答える人の、なんと多いこと・・・

間違った認識が広がった主原因は、テレビの刑事ドラマや、
東京のことをあたかも全国共通のように取り上げる、マスコミの姿勢にあると思うのです。

まあ、警察組織構成の理解度が低くとも、防犯上には問題ないのかもしれませんが、
個人的には、どうにもしっくりきません。


最近では、警視庁が名付けた「母さん助けて詐欺」というのが、
あたかも全国採用であるかのように報道され続けたことが気になりました。
(まあ、結局、あの名称は根付かなかったけれど)


警察ネタから離れますが、昔の「E電」なども同じような
取り上げ方をされていました。
(今や、憶えている人の方が珍しいですが)

関西にいるのに、マスコミでの「あべのルシアス」より「東京スカイツリー」の露出の
方が高かった
ことも気になります。


そう言えば、関西人なのに、JR西日本のICカード乗車券を「Suica」っていう人もいましたよ。
「ICOCAなんて聞いたことない、Suicaが全国で使われているはず」というようなことを
言っていましたけど。
Suicaは確かに全国で使用できると言えるけれど、それを言うならICOCAも同じなんですが・・・

その人、テレビでICOCAを見たことが無かったそうです・・・
JR西日本のCMではICOCAが出ているけれど、全国区のニュースやドラマの中ではSuicaばかり、
ということなのでしょうか?


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

年始・龍田大社参拝 (2)
平成27年1月3日(土)。

年始のお散歩記録、続きです。


H27.4.5 「年始・龍田大社参拝 (1)」


JR大和路線・三郷駅から徒歩で龍田大社へ。




三郷王寺270103_02_01
三郷王寺270103_02_02
三郷王寺270103_02_03

途中、龍田大社の末社である、甘南備神社へ参拝。

三郷王寺270103_02_05
三郷王寺270103_02_04
三郷王寺270103_02_07


再び龍田大社へと向かいます。

三郷王寺270103_02_08
三郷王寺270103_02_09


龍田大社">龍田大社

三郷王寺270103_02_10
三郷王寺270103_02_11
三郷王寺270103_02_13
三郷王寺270103_02_14
三郷王寺270103_02_16
三郷王寺270103_02_15
三郷王寺270103_02_19
三郷王寺270103_02_18

「風神」として古くから信仰を集めている神社です。

主祭神は天御柱命 (あめのみはしらのみこと)、国御柱命 (くにのみはしらのみこと)。

摂社は龍田比古命(たつたひこのみこと)、龍田比売命(たつたひめのみこと)。



1月3日ともなれば、参拝者数も落ち着いていました。

三郷王寺270103_02_12
三郷王寺270103_02_17


続きます。

テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

「選挙に行くっ」って本当に?
少し旬が過ぎましたが。


京都市内で見かけたポスター。

選挙に行くっ2704

「選挙に行くっ」


京都市お得意の「地下鉄に乗るっ」の姉妹編のようで。

今回はその名の通り、選挙PRキャンペーン。

選挙に興味を持った20歳の女子大生「京野みく」さんがモデル役ですね。

絵描きさんは「地下鉄に乗るっ」と同じ方のようです。



まあ、しかし。

選挙とこのイラストが、全く結びついていません。

「萌えキャラ書いたら、若者は注目する」という安直な発想そのまんまという印象を受けます。

「京野みく」が「ガンダム」や「仮面ライダー」に置き換わってもさほど問題無さそうだな。
(まあ、さすがにキャッチコピーは変えるだろうけれど。)



H27.4.7 YOMIURI ONLINE
萌えキャラ「選挙行くっ」/投票率アップへ、若者にアピール

上記記事の福知山市における立会人公募などは意味ある試みだとは思いますが、
ただ単にイラストを並べるだけでは、選挙PRにつながるはずがありません。


投票率はやはり上向くとは行かなかったようです。

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

もうちょっと気にした方が良い?
先週木曜日にAppleからOS X Yosemiteのアップデートがありまして。

今回の目玉であった「写真」アプリを使ってみたのですが。。。

これまでのiPhotoの代わりに使うには、
なんだかんだで不満が募る仕上がりでして・・・

そのあたりは、もう少し使い込んでから、このブログで触れたいと思います。




今日は日本各地で地方選挙が行われているようで、こちらでも府議会議員選挙の日でした。


私が投票する先は個人ではなく、政党で決めていたのですが、
昨晩、散歩している際、道端のポスター掲示場を見て気づきました。

選挙掲示板270412

候補者の、下の名前と性別、聞いていたのと違っているやん・・・


話を聞くと、現職議員(男性)が急病の為、その妻が急遽立候補することになったのだとか。

いくら政党優先で投票するとは言え、候補者に全く興味を持っていないというのは、
我ながらどうかと思いますね。



大阪府では「都構想」の是非が、今回の選挙で問われているけれど。

我が街は「都」の「特別区」の対象外なのですが、維新政党がここでも
「二重行政の解消」「One Osaka」とか言っても、いまいち何がどうなるのか伝わってこない・・・


色々思うところはあるけれど、このブログではあまり政治関係のお話はしないようにしているので
今日はこのくらいで・・・

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

AppleWatch予約開始。
日本経済新聞電子版 H27.4.11
ウエアラブルの本命登場 アップルウオッチ予約開始

applewatch270411

 【シリコンバレー=兼松雄一郎】米アップルは10日、腕時計型ウエアラブル端末「アップルウオッチ」の
予約受け付けを世界で始めた。
ウエアラブルの本命の登場により、健康、ものづくりなどの現場で新たなサービスや製品の開発が
加速する見通しだ。
ウエアラブル端末に関連する半導体・部品の市場は2018年に1兆6千億円に達するとの予測もある。

 アップルウオッチはアップルが初めて投入するウエアラブル端末で、24日に発売する。
価格は4万2800円から。ネットでの予約受け付け開始直後に注文が殺到し、
出荷に2カ月以上かかるモデルも出ている。
年間2千万台以上の販売を見込んでいるもようだ。

 台湾の研究機関、工業技術研究院によると、半導体、電池、ディスプレー、カメラなど
ウエアラブル端末に関連した部品の世界市場は、2018年に合計で134億ドルに拡大する見通しだ。

 スマートフォン(スマホ)向け電池の販売に苦戦する日立マクセルは、
ウエアラブル端末向けに超薄型電池を開発した。千歳喜弘社長は「スマホ向けに次ぐ新たな柱に育てたい」
と意気込む。
TDKは開発済みのコイルがウエアラブル端末に向くとにらんでおり、事業拡大を目指す。

 アップルは携帯型音楽プレーヤー「iPod」、スマホ「iPhone」といった商品を世界に送り出し、
人々の生活を変え、音楽配信やアプリといった新たな市場を誕生させてきた。
話題先行も指摘されてきた市場にアップルウオッチが投入されることで新ビジネス誕生への期待も膨らむ。

 ウエアラブル端末で注目を集めるのがヘルスケアへの活用だ。計測した脈拍や血圧から、
本人が気づかないような体調の微妙な変化を察知して急病で倒れる人を減らす、といったことが想定される。
メガネ専門店「JINS」を展開するジェイアイエヌは今秋、疲労や眠気を検出できるメガネを発売する。

 生産現場、警備・看護といった両手を使う作業者への支援も重要な市場だ。
ブラザー工業は工場での作業指示に活用するといった需要を開拓している。
日本航空と野村総合研究所は空港で働くスタッフが腕時計型端末で指示を受ける実験を実施し、
円滑な旅客の誘導に役立てようとしている。

 ウエアラブル端末は新たな市場を切り開いていくだけに期待は大きいが、越えるべきハードルもある。
米グーグルのメガネ型ディスプレー「グーグルグラス」の個人向け販売が中止となったのは、
隠し撮りなどプライバシー侵害の懸念が影響した。社会に受け入れられるまでに時間がかかるとの
見方も出ている。




以前よりウェアラブル端末に関心がある私ではありますが、
今回のAppleWatchについては、少々懐疑的でして。

事実上、iOS端末(iPhoneまたはiPad)周辺機器に過ぎないAppleWatch。

スマートフォンユーザーの中の、iOS端末ユーザーの更の一部しか購入層が望めない。

無論、AppleWatchデビューの相乗効果でiOSユーザーが広がる可能性はあるが・・・


かつてiPodの成功がMacだけではなくWindowsにも対応したことが大きく寄与している
ことを考えれば、AppleWatchも、AndroidやWindows/WindowsPhoneあたりに
対応しても良いのでは無いかと。


また、顧客層が限定されている割には、価格が概ね高い。
EDITIONは別格として、SPORTの価格は、一般的な少し高価なの腕時計クラスだと遜色ない
価格だとは思いますが。

一般的に長く使われる腕時計に対し、情報機器であるスマートウォッチたるAppleWatchの
商品寿命はさほど長いものとは思えず。

正味、対応するiOS端末の商品寿命とも関連して、2~4年程度しか使えないのではないか?


iPhoneに加えてAppleWatchまで、2~4年毎に買い換えるというスパイラルに
入りたいとはあまり思えないなあ。。。


デザインについても、私が以前から期待していたものとは大きく異なるし。

どちらかと言えば、装着を忘れさせるほどの小型軽量のものを期待していたのですが、
蓋を開けてみれば、いかにも「腕時計」。

デザインのあり方としては間違ってはいないと思うのだけれど。


むしろ、「Microsoft Band」の方が、私が期待していた商品に近い。

microsoftband270412


Microsoft Band / マイクロソフト バンド iPhone / Android / Windows Phone 対応 [並行輸入品] (Medium)Microsoft Band / マイクロソフト バンド iPhone / Android / Windows Phone 対応 [並行輸入品] (Medium)
()
Microsoft

商品詳細を見る


並行輸入の価格はAppleWatch Sportとどっこいだけれど、iOS/Android/WindowsPhone対応。
シンプルなデザイン。
まあ、高級感はありませんが。


できれば、現在愛用の「UP24 by Jawbone」のサイズで液晶がついていれば、と思うのだけれど。



というわけで、私が今回のAppleWatchを購入することは無いと思います。

もし存在するのであれば確実に進化が予想される、その次世代商品ならどうかわかりませんけれど。

とりあえず、当面はUP24 by Jawboneを 使い続けることになるかと。


Jawbone UP24 by JAWBONE JP ライフログ リストバンド 活動量計 ( アプリ連動 / Bluetooth 同期 / オニキス / サイズ L ) JL01-52L-JPJawbone UP24 by JAWBONE JP ライフログ リストバンド 活動量計 ( アプリ連動 / Bluetooth 同期 / オニキス / サイズ L ) JL01-52L-JP
(2014/04/08)
Jawbone

商品詳細を見る


今日も不具合出て、ハードリセットする羽目になりましたが。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.