とりあえず、そのままで。
40オヤジのだらだらとした日常を書き綴ります。
201407<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201409
カツ丼セット@めん処 咲き福 八尾西武店
7月21日(日)

近鉄八尾駅に近い、「アリオ八尾」にて映画「太秦ライムライト」を鑑賞。
(H26.7.28 「太秦ライムライト」

映画鑑賞後は、西武百貨店八尾店内、「めん処 咲き福 八尾西武店」さんにて昼食。

咲き福260721_04

「カツ丼セット」972円。

咲き福260721_01
咲き福260721_02
咲き福260721_03


カツ丼は良いのですが、うどんが。。。
何だか短く切ってあるようで、ズズッとたぐれない感じ。
病院食じゃないんだから。

単に私がハズレを引いただけかもしれませんが、「めん処」の名に恥じない麺を出して
いただきたいものです。




スポンサーサイト

テーマ:うどん - ジャンル:グルメ

「めしばな刑事タチバナ」14巻。
「めしばな刑事タチバナ」14巻を読みました。

めしばな刑事タチバナ 14 (トクマコミックス)めしばな刑事タチバナ 14 (トクマコミックス)
(2014/07/31)
坂戸 佐兵衛

商品詳細を見る


今巻のお品書きは

「トースト」
「中華カレー」
「スイカ味アイス」
「缶入りコーンポタージュ」
「ソーセージ」(3部作)
「チャーハン」(5部作)


私のお気に入りは「スイカ味アイス」

署を訪れた実習生たちが刑事課で見た、立花と志波の熱い争い。
実は。。。という勘違いのままで終わるお話、好きですね。


「缶入りコーンポタージュ」の屁理屈というか詭弁で強引で終わる話も良いです。


「トースト」のシリアスから入って、めしばなで一件落着は「刑事ドラマ」でもある
テレビドラマ版「タチバナ」に近いような気もしましたが、最後のダジャレオチでいつもの通りですね。


「中華カレー」は「そんなのあったかなあ」という感想。
今度中華料理店に行ったら、メニューでカレーを探さないと。


「ソーセージ」3部作は、「バカじゃないの」で始まり、「バカじゃないの」で終わるあたりが
いいですね。
最近の私のソーセージの食べ方は、「焼く」「炒める」から、「電子レンジで茹でる」に
変わりました。
最近は、電子レンジでの調理具が充実しましたね。
パール金属 電子レンジで作る新潟産のラーメンどんぶり C-249パール金属 電子レンジで作る新潟産のラーメンどんぶり C-249
()
パール金属(PEARL METAL)

商品詳細を見る



「チャーハン」5部作。
「パラパラ」派と「しっとり」派の逆転に次ぐ逆転劇。
「炒飯」「焼きめし」エリア論からチャーハン起源説、かけものトレンドへと畳みかける
秀逸さ。

まあ、5回程度で終わってちょうど良いです。
あまり長いと飽きてしまうから。



次巻は10月末発売だそうです。

今度は忘れずに発売日に買おうかと。

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

9月9日にApple新製品発表会開催。
日本経済新聞電子版 H26.8.28
米アップル、9月9日に新製品発表会開催 新型iPhone発表か

 【シリコンバレー=小川義也】米アップルは28日、9月9日に新製品発表会を開くことを
明らかにした。
内容は明らかにしていないが、新型スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」を
発表するとみられている。腕時計型のウエアラブル端末、いわゆる「iWatch(アイウオッチ)」
を同時に発表するとの情報もある。

 アップルは新型iPhoneで、4.7型と5.5型の2種類の画面サイズを用意するとみられている。
大画面スマホで先行するライバルの韓国サムスン電子に対抗するのが狙いだ。

 腕時計型端末は曲面有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)のタッチパネルを採用。
iPhoneで受信したメッセージを確認したり、カロリー消費量などの健康データを集めたり
する機能が搭載されるとの見方が有力。

 米有力IT(情報技術)ニュースサイトの「Re/code(リコード)」は27日、
アップルが9月9日のイベントで、腕時計型端末と新型iPhoneを同時に発表する見通しだと
報じた。




同じ内容のニュースは、報道各社から流されていますが、日経がAppleの新製品について報じると
信憑性を疑ってしまうのは私だけでしょうか。

日経は以前何度も何度も、NTTドコモからのiPhone発売の誤報を流していましたからね。
そのうち恒例の「ネタ」扱いされておりました。



さて。

今回のイベントで発表されるのは、まずは新型iPhoneが確実でしょうね。
今回はiPhone5系列ではなく、フルモデルチェンジのようなので、「iPhone6」を名乗るのが
順当。

あとは噂のウェラブル端末
既に各社から発売されている「スマートウォッチ」。
メール・Tweetの受信やスケジューラ確認など、スマートフォンと連動して、その機能の
いくつかを腕時計サイズで行うものですね。

Appleの新商品はそれに健康管理機能を強化したものだと言われています。

私が今愛用している、UP by Jawboneのような機能が備わっているのでしょうか?




まあ、この辺りが順当なのでしょうが。

あと思いつくものとすれば、


iPodシリーズ
iPod nanoとiPod touchは2年間、iPod shuffleは4年間、iPod classicに至っては、
実質7年間モデルチェンジが行われていない。。。

Appleは既にiPodの商品展開をあまり重視しているとは思えない現状ですが、
そろそろ、あっと驚く新製品の発表を期待したいところです。



MacMini。

こちらも2年間放置されています。
MacはノートとiMacしか売れない現状だからなあ。。。



iMac。

最近、廉価版が追加されましたが、それ以外のモデルが年内に新型に切り替わる、はずです。
できれば、Retinaディスプレイ搭載版を出して欲しいところです。


MacBook Air Retinaディスプレイ搭載版。

噂だけは以前から。
でも、最近アップデートされたばかりなので、今回はあり得ないかなあ。




以上です。

とりあえず、発表の日を楽しみに待ちたいと思います。

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

代ゼミ事業縮小について。
MSN産経ニュース H26.8.25
代ゼミ、校舎閉鎖など正式表明 来年度の事業計画発表

 大手予備校の代々木ゼミナール(東京都渋谷区)を運営する学校法人高宮学園(同)は
25日、来年度の事業計画を正式に発表し、校舎の集約や全国模擬試験の廃止、
早期希望退職者の募集などを予定していることを明らかにした。

 平成27年4月から本部校(渋谷区)、札幌校、新潟校、名古屋校、大阪南校、福岡校、
造形学校(渋谷区)の7校に集約、そのほかの20校は生徒募集を停止する。
「少子化に伴う受験人口の減少や、現役志向の高まりに伴う浪人生の減少のため」としている。

 全国模試は、27年春から東大などの大学別の模試と高校1、2年生対象の模試のみ実施し、
そのほかの受験生向け全国模試は廃止。大学入試センター試験の自己採点結果を集計・分析する
「センターリサーチ」も27年から中止する。

 全国の塾や予備校向けに映像で授業配信する「サテライン予備校」や、高校・大学から委託された
学習支援や出張講義などの事業はこれまで通り継続する。



少子化・大学全入時代に突入し、学習塾・予備校の運営は厳しいであろうとは思っておりましたが、
まさか予備校大手の代々木ゼミナールが、ここまで大規模な事業縮小を断行するとは驚きです。

他校についても、近いうちに後追いが始まるのかもしれません。

私個人は代ゼミの模試を受験したことはありますが、それ以外の進学サービスを利用したことは
ありません。

私は高校時代、大阪市内のYMCA予備校の高校生科に通っていました。
もう25年以上前のことになりますね。

幸運なことに、私は現役で第二志望に合格。
「予備校生」になることはありませんでしたが、YMCA予備校には通学した高校時代2年間の
愛着がありました。

当時、YMCAの向かいにはECC予備校もあり他にも周囲に予備校が数校存在。
ですが、そのいずれももう存在しません。

少子化もさることながら、駿台・代ゼミ・河合塾あたりの大手予備校の勢力拡大により
次第にそれ以外の予備校は規模を縮小してきた模様です。

YMCAもECCも予備校は既に募集を停止し、現役校生向けの学習塾サービスは行っている模様。
大阪予備校・大阪北予備校・浪速予備校など、この10年ほどの間に次々と大阪の予備校が閉校
しているとのことでした。

エール予備校はまだ健在なのですね。ちょっとホッとしました。


そんな大阪地場の予備校を駆逐した勢力の一派である代ゼミですら、時代の流れに抗えなかった
ということなのでしょうね。

寂しい限りです。




現在、鉄道の主要駅前では、商業ビルの空きフロアができれば、そこに小中高生向けの学習塾が
進出することが多いようです。
実際、まだまだその需要はあるようですが。
こちらもさほど遠くない将来に、淘汰の時代に入るのではないかと。

そうなれば、駅前商業ビル群の空室が、各地で問題になるのでしょうね。


まあ、うちの最寄りの駅前は、塾をほとんど見かけないマイナー駅。
そもそも商業ビル自体が少ないので、そんな時代になってもあまり変わらないでしょうけどね。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

スパムメール。
うちの職場に届くスパムメール。

これまでは、「ロト6」「パチスロ」必勝法あたりのセールスだったのですが。

先週あたりからエロ系に変わりました。

内容を詳しくご紹介するのはちょっと躊躇しますが、
メールボックスの「迷惑メール」フォルダの見出しだけでもご覧いただければ、
なんとなくその雰囲気はお察しいただけるかと。

スパム260827_2
(写真はクリックで拡大されます)


「ロト6」「パチスロ」と発信元は同じだと思います。
わざわざ調べていませんが。。。

無料メールアドレスが普及したのは良いけれど、こういう迷惑なものが
手軽に送られるとは、実害は今のところないとは言え、嫌な時代だなあと思う次第で。

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

「愛しのインチキ・ガチャガチャ大全ーコスモスのすべてー」
池田浩明 著、 ワッキー貝山 編集、
「愛しのインチキ・ガチャガチャ大全ーコスモスのすべてー」を読み終えました。


愛しのインチキ・ガチャガチャ大全ーコスモスのすべてー愛しのインチキ・ガチャガチャ大全ーコスモスのすべてー
(2013/04/17)
池田 浩明

商品詳細を見る


ロッチのシールなど、著作権無視、パクリにコピー、雑なつくりのガチャガチャ製品を
粗製乱造してきたメーカー、コスモス。70~80年代の子どもの心に突き刺さった、
約1000点に及ぶインチキガチャガチャをここに開陳。
ボクが欲しかったのはコレじゃなかった…。
(Amazon.co.jpより)



昔、街中の駄菓子屋さんや本屋さんの前にあった赤いガチャガチャのマシン。
コスモス。。。
その名を聞くと、幼い頃の夢と希望、挫折と絶望を思い出します。

マシンにお金を入れて、ハンドルを回す。
アタリの商品はなかなか出ず、出るのはプラスチックのボールばかり。。。



アタリですら改めてみると失笑ものですね。

「なめ猫」もどきの写真集。
ピンクレディなどのアイドルグッズ。当然権利調整無視ですね。

著作権無視の「ガンダム」もどきやら「キン肉マン」もどきの消しゴム。
ふにゃふにゃ造形で、他社製品から型を取ったものもあるとか。
そりゃ、粗悪にもなるわ。

有名な「ロッチ」の「ビックリマン」もどきのシールも
オリジナルからの複製もあったとか。

他にも、「うんち」のキーホルダーとか、うどん粉で作ったスライムもどきとか。
こんなもん、どうするねん、ってものばかりが本書には掲載されています。


企業運営も、詐欺すれすれではないのかというトンデモぶりだったようです。
最早ネタとしか思えないような、こんなトンデモない会社でも、
かつてはTV番組スポンサーを務め、TVCMもあったとのこと。




ちなみに「魔境伝説アクロバンチ」というアニメが、コスモス提供であったそうで。








テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌

安住の地を求めて。(床屋編)
らざーろ様のブログの記事を拝見して。


私も床屋さんについて、ちょっと思い出したことを書いてみようかと。



小学生時代から、何度も床屋さんを変えている私。


おぼえている限り、最初のお店は地元では老舗のお店。
父もそちらの常連でした。
が、行く度に店員さんから父の話をされるので、なんとなく面倒くさくなり、
通うのを止めました。



その次のお店は3年くらいは通ったのですが、
ある日、行き違いから支払でもめることがあり、通うのを止めました。



次のお店は、大変親切でした。
高校時代の校則違反のペナルティで丸刈りをしていただいたこともあります。
が、このお店の一角で、副業として始められたお好み焼き店が、
次第に本業に入れ替わりそうで、何となく足が遠のきました。



次は若い店員さんが多い、活気のあるお店に足を運んだのですが。

何故か、店員さんが私に挑戦的。
何かにつけて嘲笑されました。
会計の際もニヤニヤ。
お店を出て少しして振り返ると、まだこちらを見てニヤニヤ。
無論、二度と行きませんでした。

このお店は店員がいわゆるDQNだったと
言うことでしょうね。
今の気が短くなった私ならば、間違いなく喧嘩になっておりました。



お次は大学の通学途上にあった、とある再開発ビル内のお店。
余談ですが、再開発が成功するとは限らないというモデルのようなビルでした。
「そごう」系の生活雑貨店も出店していた当時でもガラガラ状態。
でも、ターミナルからほど近いのに、あまり人がいないというのが私好みで。
5年ほど通いましたが。

質の悪い店員さんがいつの間にかお店で顔を利かすようになり、
新米指導の練習台にされ、危うく虎刈りになるところだったり、
ついうっかり、就職先の話をしたら、同業他社の文句から私の人格否定に至る暴言を
吐かれるという誠に残念な結果に。。。
私、関係ないやん。
なんでカミソリで顔剃られながら罵詈雑言受けにゃならぬのだ。
だいたい、その同業他社の文句というのも、下らぬ逆恨みだったし。
当然、このお店には、それ以降は行きませんでした。



若い頃の私は、何かあってもグッと我慢するタイプで。
自分で言うのもなんですが、「人の良さ」からDQNにつけ込まれることが
多かったのでしょうか。

様々な経験を経た今となっては、私も「成長」しました。
時折大人げないと言われるくらいに、相手がDQNならば、売られた喧嘩は
買うようになりました。
ま、歳なので暴力はやりません。あくまでも「お口で」。




とまあ、他ではトラブルはあまりないのに、床屋さんではいろいろとひどい目に遭ってきた私。


今の床屋さんには、もうかれこれ20年程通っています。

「いつもどおり」でお願いしているのに、決まって「いつもどおり」ではなく、
毎回違った髪型になることが「いつもどおり」であることを除けば、
至って平穏です。


こちらは経営者は何度も変わっているようですが、雰囲気は大きく変わらず。
安心してあきらめて通うことが出来ます。

ようやく私も安住の地を見つけることができたのですね。
ここまで書いてみましたが、感無量です。




というわけで、オチが無いまま終わります。


オヤスミナサイ。

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

「『孤独のグルメ』巡礼ガイド」
「『孤独のグルメ』巡礼ガイド」を読み終えました。


孤独のグルメ 巡礼ガイド (扶桑社ムック)孤独のグルメ 巡礼ガイド (扶桑社ムック)
(2014/07/24)
週刊SPA!『孤独のグルメ』取材班

商品詳細を見る


グルメドラマブームの火付け役、深夜ドラマ『孤独のグルメ』(テレビ東京系)の公式ガイドが
ついに登場!
個性派俳優・松重豊扮する主人公・井之頭五郎が訪ねた個性的な飲食店の中から、
Season1~3に登場したお店を厳選して紹介しています。
原作者・久住昌之さんの心に残る名店、松重豊さんによる撮影秘話の2大インタビュー、
原作のモデルとなった名店の紹介など
『孤独のグルメ』ファン必見の内容です。
この本を持ってワンコイン定食から焼肉、激辛中華、うなぎなど、“夜食テロ"とファンの話題を
さらったあのお店の名物料理を食べに行こう!
(Amazon.co.jpより)



上記紹介記事の通りですが、ドラマ版「孤独のグルメ」で紹介された名店の紹介がメインの本。
どのお店も美味しそうな料理ばかりで、一度行ってみたいのですが、そのほとんどが
やはり関西からは行きにくいのが残念。

松重豊氏演じる「井之頭五郎氏」の、毎回登場する「それにしても、、、腹が減った。。。」の
シーン。
本当に前日から絶食して腹を空かせて演じているのですね。
知らなかった。。。

この「孤独のグルメ」。
現在Season4が放送中ですが、末永く続いて欲しい「夜食テロ」番組です。

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌

OS Xの「Dashboardウィジェット」。
OS Xの「Dashboardウィジェット」
OSの画面切り替えで簡単に呼び出せるミニアプリのことです。
電卓とか、天気だとか、翻訳だとか、付箋だとか。

Windowsにもかつて、Vista/7にガジェットがありましたが、あれも似たようなものですね。
(そう言えば、VistaはOS Xのパクリと思える機能が目立ちました。。。)


最近のOSX Marvericks搭載Macの場合、
デフォルトでは画面を左にフリックすると、画面が切り替わり、Dashboardウィジェットを
呼び出すことができます。

dashboard260824_03

かつてはF4キーで呼び出しでしたが、今はそれはアプリ一覧(Launchpad)に割り当てられて
います。

このDashboardウィジェット、確かOS X Tigerあたりからの実装だったと思いますが。
Snow Leopard以降のOS XでMac App Storeが実装され、気軽にフリーアプリを入手できるようになってからは
ほとんど使うことがなく。
正直、存在を忘れがちです。
というか、もう私ももう何年も使っていません。

実際、アップル公式サイトのダウンロードページを見ていただければおわかりのように、
新しいウィジェットは、もう長らく追加されていません。

dashboard260824_01
dashboard260824_02

その役目はもう終わったと見るべきでしょう。
(少なくともApple公式・公認のウィジェットは、ですが・・・)


ただ、今年リリースのOS X Yosemiteでは、「通知センター」内でウィジェットが
使えるようになるとかいう情報もあり。
Dashboardウィジェットがそのまま使えるのか、新たに生まれ変わるのか。
よくわかりません。

放置されているんだか、必要とされているんだか、よくわからなくなってきました。

Dashboardウィジェットに再び日の目があたるのかどうか、ちょっとだけ気になります。


テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

いよいよWindows9か。
TechCrunch H26.8.23
Microsoft、Windows 9プレビュー版を9月30日に公開のもよう


Windows 9についてはかなりの情報がリークされてきた。
それによるとWindows 8の過激なタッチ志向は修正され、スタートメニューが復活し、
チャームバーは廃止されるという。
しかしこうした推測も9月30日で終わりを告げるようだ。
Vergeによれば、Microsoftはこの日にWindows 9のテクノロジー・プレビュー版を発表し、
直後にダウンロードが可能になるという。

現在Thresholdというコードネームで開発が進んでいる次世代Windows OSの安定版が
出荷されるのは来年初めと予想されている。
われわれはWindows 9ではデスクトップでのユーザー体験が重視され、
Windows 8にWindows 7の使い勝手が戻ってくると期待している。
またModern Windows(いわゆる Metro)は存続するものの、デスクトップと緊密に融合され、
非フルスクリーンの在来のウィンドウ内でも作動するようになり、ユーザーが2つの環境を
いちいち往復しないでもすむようになるはずだ。

私自身はけっこうよくWindowsを使う。
特にWindowsのデスクトップ・パソコンをゲームで愛用しているので、
このMicrosoftの新しい(というか古い)デスクトップ重視の方針は大歓迎だ。
9月末に公開されるバージョンがこれまでに伝えられてきた方針に沿ったものであることを祈る。



いよいよ、「Windows9」

「Windows8.2」ではなく、メジャーバージョンアップという形になるのですね。
中身のバージョンはNT6.xのままなんでしょうけど。。。

デスクトップUIメインに戻ることが改善なのかそうでないのか、よくわからないが。
要はMetro UIが、OS XのLaunchpadのような使い勝手でデスクトップに組み込まれる
ということなのでしょうか。

今度はMetroUIに親しんだ方々(何方かと言えば少数派でしょうが)が混乱しないよう、
ソフトランディングにつとめてほしいところです。

今更、OSXとWindowsのどちらが優れているとかは論じるのも意味が無いとは思いますが、
いずれにせよ、ユーザーがストレス無く直感的に使える、洗練されたUIを構築してほしいと思います。



それにしても、Microsoftの商品、高いですよね。
全世界でこれだけのシェアを誇っているのだから、OSもOfficeも半額にしても十分利益が出るのでは
無いのか、とも思ってしまいますが。。。

一応、9インチ以下の画面の端末(WindowsPhone/Windows RT含む)はOS無償提供のようですが。

ソフトウェアの方向性が異なるとはいえ、このあたりはAppleの戦略を考慮して、
Windows9からは意欲的な価格設定をしてくれたら、とも思っちゃいます。


Microsoft Office Home and Business 2013 [プロダクトキーのみ] [パッケージ] (PC2台/1ライセンス)Microsoft Office Home and Business 2013 [プロダクトキーのみ] [パッケージ] (PC2台/1ライセンス)
(2013/02/07)
Windows

商品詳細を見る




テーマ:Windows - ジャンル:コンピュータ

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.