とりあえず、そのままで。
40オヤジのだらだらとした日常を書き綴ります。
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
怪しい?Wi-Fi。
今朝の出勤途上、iPhoneの画面をふと見ると、ブラウザに公衆Wi-Fiの接続画面が。


この公衆Wi-Fi自体は大手通信企業のブランドなのですが。

「災害時無料開放中」

20180119wifi - 1

現在災害が起こっているので、そのWi-Fiを無料で使えます、とのこと。



大規模災害なんて、今朝は近畿で発生していなかったはず。


これは詐欺か?
無料で使えると誘い込んで、接続者の個人情報を盗もうとしているとか?


まあ、Wi-Fi側はシロで、災害発生との誤報に対応したとか、Wi-Fi運営側のミスということも
考えられるけれど。

とりあえず、こういうのには近寄らない方が良いですよね。


当然、この画面はそっと閉じましたよ。

スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

「新幹線」
先日、JR駅構内で見かけた案内告知。

20180111新幹線 - 1

5時59分頃
山陽新幹線では、
三原駅で発生した
信号トラブルのため
一部の新幹線
遅れが発生しています。



この文章に違和感を感じると思ったら。


この文章には二度「新幹線」が出てくるのだけれど。

最初の「山陽新幹線」は、路線名。
二度目の「新幹線」は列車のこと。

よく我々が「次の新幹線」とかいうことはあるけれど、あくまでも俗語と思っていました。
JR自ら「新幹線」=列車として、堂々と文章中で用いることに軽く驚きを感じた次第。


JR他社では同なんでしょうね。
複数の新幹線路線を運用するJR東日本で「他の新幹線」とか言ったら、他の路線を指すような気がしますが。



そんな寒い日の、どうでもいいような些細な驚きでした。

このブログの900番目の記事は、こんなつまらない記事です(^_^;

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

串カツ。
1月5日(金)。

京都市内で下宿中の息子と京都駅前で買い物。

20180105京都 - 1

20180105京都 - 3



買い物終了後、七条通の串カツ店「はなまる串カツ製作所」さんにて夕食。
レトロ風のカウンターのお店です。

20180105京都 - 8

20180105京都 - 9




20180105京都 - 4

20180105京都 - 5

20180105京都 - 6

串ものは1本80円。安いです。
そしてうまい。

最初にビールを飲んだけれど、その後は長男に併せてジンジャーエールに切換。




串カツと言えば。


私が成人後、父とふたりで食事に出かけたのは、記憶に残っている限り一度だけ。


産科院へ長女出産直後の妻を見舞った後、大阪上本町の串カツ店でふたりビールを飲んだなあ。
普段まともに話すこともない親子だったけれど、この時は家族のことについて、
いろいろと話しあったようにおぼえている。

父はその日のことを、うれしそうに母に話していたそうだ。


そしてそれから間もなくして、父はこの世を去った。



父とのたった一度の串カツ。

串カツを口に運ぶ度に、しみじみとそんな昔のことを思い出し、思わず涙が流れそうになった。
無論、長男には気づかれないように誤魔化して。



長男はその一年前に生まれたのだが、この度成人し、長女も来年成人。
早いものである。



最近、妙に涙もろくなってきたオジサンの独り言でした。





テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

寝正月もまた楽し。
1月2日。

今日のお雑煮は、餅と水菜だけのシンプルなものですが、これがうまいんですよ。

20180102雑煮 - 1


今日は午前中は「寝正月」。
ゆったりできました。



夕方からは親戚の来訪があったり、大学生の息子のPC設定やらを行いました。



明日は新年会の予定です。


ではでは、オヤスミナサイ。





テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

忘年会で。
いよいよ年末ですねえ。

昨日は仕事帰りに、天王寺MIOプラザ館の「赤のれん」さんで、今年最後のひとり飲み。

20171228赤のれん - 1   20171228赤のれん - 2 

20171228赤のれん - 3

アテはホタルイカの沖漬け、だし巻き卵、きずし、チャンジャ。



満足です。




今日は仕事納め。

晩は古巣でお世話になった方々との忘年会。

最後に元上司の起こした不祥事を耳にして、「えっ、あの人が?」と驚愕。
やるせない気分で帰路につきました。



50年近く生きていると、いろいろありますね・・・




テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.