とりあえず、そのままで。
40オヤジのだらだらとした日常を書き綴ります。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
めしばな刑事タチバナ24巻
今更ながら、「めしばな刑事タチバナ」24巻の感想など。




冒頭から「10年前の自分」宛の手紙が云々で爆笑。


忘れた頃にやってくる、ハードボイルド?な「喫茶室ルノアール」編。
今回は「水出しコーヒー」でしたね。
学生時代、京都市内の喫茶店で飲んだ記憶があります。
お味まではおぼえていませんが。
そんなにスペシャルな物では無かったという記憶が。


今回のメインテーマと言うべき「ローカル袋めん」編。

「好きやねん」がローカル商品であることに軽い衝撃を受けたり。
「金ちゃんラーメン」が、そう言えば最近見かけなくなったな、あれ、本当に美味いのに、と思ったり。
「うまかっちゃん」も、もう20年は食べていないなあとか。
それにしても、今回のネタはクドいな、とか。

いろいろ思っていたら、最後のオチに噴き出しました。


あと、長期連載の恩恵なのでしょうが、やたらと登場人物を新規追加するのではなく、
当初からのメインの登場人物だけでなく、どう考えてもモブに過ぎなかった人物まで、
深く書き込んでいくあたりに、好感を抱きますね。

丸山刑事が表紙に出るとは思いませんでしたね。
11巻の「朝食研究会」のあたりから、急に自己主張するようになって・・・

名前を忘れたけれど、たまに出てくる老刑事とか、サスペンダーの君とか、
以前、「誰だお前?」とメタ的ネタの対象となった二人も、そのうちにメインに浮上するかも
しれませんね。



スポンサーサイト

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

豊田悠「パパと親父のうちご飯」を大人買い。
病気療養中の正月休み。

時間つぶしに、以前からAmazonから「おすすめ」が来ていた

豊田悠著「パパと親父のうちご飯」既刊全5巻のKindle本を大人買い。

  

 


気丈夫な元カノから「あなたの子よ。ちょっとだけ預かって」と少女をあずけられた、
ぱっと見コワモテ整体師・千石。
浮気した妻と離婚、長男を引き取った、怒れないイケメン漫画編集者・晴海。

ゆえあって二組の父子がルームシェア。互いに協力しつつ子育て奮闘する物語。


難しい子供の心も、仕事のトラブルも、周囲の不審気な視線も、親族からの不安も、元妻との親権争いも、
みんな「パパと親父」の料理で乗り越えていくのはちょっとどうなのかと思うけれど、それはこの作品の
スタイルなのでしょう。

子育てを丁寧に描いている姿に好感。
料理も、これなら自分で作ってみようかと思う簡単なものが多いのも良い。


コミックス内の後書きを見ると、ドラマCD化もされているようで、それなりに人気のある作品の模様。

この作品もアニメ化されたりしてね。




Amazonから私にこの作品の「おすすめ」が届くのは、おそらく、
柳原望「高杉さん家のおべんとう」雨隠ギド「甘々と稲妻」あたりを購入した履歴からでしょうね。

 

この二作。
設定や展開に、「パパと親父のうちご飯」と類似点があるなあ。


最近はこの手の作品が売れ線なのだろうか・・・


テーマ:アニメ・コミック - ジャンル:アニメ・コミック

大人買い。
焼肉定食を食べたい。


いや、特に意味はありません。

不意に思いついただけですから。気にしないでください。





気がつけば、新巻発売に気がつかなかった漫画がたくさん。

大人買いです。


坂戸佐兵衛・旅井とり「めしばな刑事タチバナ」23巻。



今回のサブタイトルは「ビバ!80年代ドリンク」。

どこからネタを持ってくるのかと感心する80年代ネタに脱帽。
「カプリソーネ」や「維力」は完全に忘れていた名前でしたね。
とりあえず、明日は「スィートキッス割」を実行してみようかな。

そうそう。ペペロン少年に見逃してもらえた立花刑事が、情けなくて最高でした( ^^)


かねもりあやみ・久住昌之・青江覚峰「サチのお寺ごはん」3巻。



心が乱れているときに読みたい一冊だけれど、物語の教訓というか、ひとことアドバイスに
いらつくこともある。

劇中でとりあげられる料理は基本的に料理僧・青江さんの監修によるものだと思いますが、
どれもヘルシーで自分でやってみたいと思いつつ、なかなか忙しくて実行できません・・・



元町夏央「南紀の台所」4巻。



和歌山県紀北町でのスローライフ漫画も気がつけば完結。
作者は実際に東京都内から紀北町に移住しているそうですが、その移住の経緯が作中に反映され
ギスギスした内容が描かれるのでは無いかと思ったけれど、最後までほんわかゆるりでよかったです。
できればもう少し続いて欲しかったなあ。

紀北町。何度か旅の途中で通過したことはあるのですが、一度ゆっくりと滞在したいですね。



とりあえず、大人買い第一弾でした。

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

電子書籍で漫画を読む(老眼編)
最近、電子書籍で漫画を読むことが増えました。
漫画って、気がつけば10巻以上になっていたりするのですが、電子版なら、かさばらずに済みます。
(中古流通がないので、実は高くつくっていうデメリットがありますが)


KindleiBooksKinoppyなどを使ってきましたけれど、最近はほとんどKindleですね。
電子書籍はサービス終了するケースがあるので、将来性があるサービスを選ばないと。


そして、その電子書籍はこれまでiPadや専用端末(Kindle Paperwhite)で読んでいたのですが
書き込みが緻密な漫画の場合、細かいところの表現がつぶれてしまいがちだし、
何よりも老眼のオッサンには小さな画面は少々辛くなっておりました。


そこで気づいたのですが、私には愛用の27インチのiMacがあったのです。


iMacで電子書籍アプリを立ち上げて、全画面表示すればいいのだ!

こんな感じに。

20160905電子書籍04

まさかRetinaディスプレイをこういう風に活用するとは、私自身思いませんでしたが

かなり快適です。

20160905電子書籍03

20160905電子書籍02

20160905電子書籍01

コレでも辛くなったら、次は自宅の液晶テレビに拡大表示させるしかないのか。





ここまであれこれ悩んだ末に気づいたのですが。

老眼鏡をかければいいのでは?




まさに、盲点でした(^^;

テーマ:アニメ・コミック - ジャンル:アニメ・コミック

「めしばな刑事タチバナ」ドラマ版と原作版22巻。
8月の、ちょうどこのブログ更新が滞っていた頃ですが、
Amazonビデオの「めしばな刑事タチバナ」全12話を
イッキ見していました。



私はAmazonのプライム会員なので、全話見放題なのです。


初回放送時に全話視聴していたモノですが、改めて見直してみると・・・

一応、事件発生から、捜査・取調・解決と、「刑事ドラマ」としての体裁は整っていて、
予備知識無しでこの番組を見た人が感じるであろう、タイトルとの違和感は幾分控えめになるのではないかと。
(原作でもめしばなが捜査に役立ったことが皆無というわけでは無いのですが)


原作知っている人ならご存じの通り、この作品は「めしばな市職員」でも
「めしばな税務職員」「めしばな商社マン」あたりでも、さほど違和感なく成り立ちそうな内容です。

主役の立花刑事が、原作とは違って「やるときはやる人」になっている。
設定上は原作の立花もドラマ板と同じで、元警視庁本庁勤務のエリートだったはずなんだけれどね。


村中がかわいらしくなっているのは配役の関係でやむを得ないのだろうけれど、
もっとバイオレンス度が高く、ツッコミ要員あってこその村中だと思うのですが。


あとは、登場人物を増やせないというドラマの予算上の問題からか、
刑事課長であるはずの韮沢自らの取調がやけに目立つし、
副所長である今野が、刑事課に入り浸りというのも、よく考えてみると、どうなのかなあと。
このあたりは原作には無いひっかかる点ですね。


美人女性警官3人組とか、やたらオシャレっぽい「甘味部」とか、
竹原のオネエキャラ化とかは、よくある原作付きドラマの改変ポイントですね。

もっとひどい改変(例えば五島と村中を一人の女性刑事にまとめるとか)だってあり得たのだから
この程度は許容範囲ですね。


まあ、そんな些細なことを横に置けば、予算が限られる深夜ドラマとしてはよくできた作品ではないかと。
普通に面白い。

原作の雰囲気を残しつつ、ポイントを若干ずらしたオリジナルの作品になっていますね。
そして原作を否定するような内容にもなっていない。
当たり前と言えばそうなのかもしれないけれど、ひどい映像化の例を何度も見ているので・・・


ドラマのイッキ見は疲れましたが、次は「孤独のグルメ」あたりでもやってみようかなと。




さて、原作版の「めしばな刑事タチバナ」も22巻。



「ワンタンメン」が、今巻の中心ネタになっているのですが。

そう言えば、私、外食でワンタンメン食べた記憶がありません。

タンメンや担々麺はあるのに。

まさに本作で触れられているような状況。

一度、どこかのお店で長男がワンタンメンを食べている横で、餃子とビールをやらかしていたことは
ありますが。


エースコックのワンタンメンは昔、何度か食べましたけどね。
袋とか、カップとか。





何だかこの記事を書いていて、無性にワンタンメンを食べたい気分になってきました。

明日、食べに行くか・・・


出向いたお店でワンタンメンがメニューになく、韮沢課長のように翌日イライラモードにならないよう
気をつけなければなりませんが・・・


テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.