とりあえず、そのままで。
40オヤジのだらだらとした日常を書き綴ります。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
久しぶりのヒルバレー。
梅田の大丸で、久しぶりにヒルバレーのポップコーンを購入。

20170707ヒルバレー - 1

今回は、塩昆布とワサビ昆布。

20170707ヒルバレー - 2

一見、私にはどれが塩昆布でどれがワサビ昆布なのか、わかりません。


塩昆布が落ち着いた甘みを感じるのに対して、ワサビ昆布は強烈な刺激が癖になる。

ビールのアテにぴったり。せっかく節酒していたのになあ・・・


気に入ったので、又買いに行こうと思います。

スポンサーサイト

テーマ:買ってみた - ジャンル:グルメ

「かっぱえびせん ロッテリアエビバーガー味」再び。
今年も発売されていたんですね。

「かっぱえびせん ロッテリアエビバーガー味」

20170406かっぱえびせん - 1

20170406かっぱえびせん - 2


昨年も取り上げましたね。
H28.2.23 「かっぱえびせん Newロッテリアエビバーガー味」


20170406かっぱえびせん - 3

今回、いただいてみましたが、「海老の風味アップ」と言われましても、
そんなにエビエビしていないように感じられたのですが。

タルタルソースの香りはほんのりとするぐらいで、然程強くは感じませんでした・・・


あ、パッケージ裏面に、ロッテリアのクーポンが着いているところが嬉しいですね。

テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

うる星やつら アソーテッドチョコレート
バレンタインデーに実姉からいただいた。「うる星やつら アソーテッドチョコレート」をいただきました。
株式会社メリーチョコレートカムパニー製造によるものです。

20170401うる星やつら - 1

20170401うる星やつら - 3

え?何がバレンタインだ?もう桜花も咲いてるぞって?

時季外れはいつものことです。

そもそも、賞味期限は7月中旬なので、問題なし。

実姉には、「おいしかったよ。ありがとう」って、ずいぶん前に御礼を言ってあります。
まあ、実際にいただいたのは今朝なんですけどね(^^;


各方面から叱られそうなので、これ以上余計なことは言わないでおきますm(._.)m


チョコレートはマンゴー、赤ぶどう、ストロベリー、キャラメル、抹茶、ラムトリュフ、レモンの7味。


本日は抹茶とラムトリュフを美味しくいただきました。

マンゴーとストロベリーは、ラムとテンのイラスト入りで、何となく食べるのがかわいそうで、
いただく順番では最後になりそうです。

20170401うる星やつら - 5

20170401うる星やつら - 4


このチョコレートにはステッカーも付属。かわいいですね。

20170401うる星やつら - 2

正直、この歳になると、こういうものをいただいても使い処に困るのですが。


それにしても、「うる星やつら」誕生以後ほぼ40年間、主要な高橋留美子作品は全てテレビアニメ化されているようですが
いずれも根強く関連商品化され続けているのはすごいですね。

テーマ:チョコレート - ジャンル:グルメ

ヤマザキビスケット・ルヴァン
ヤマザキナビスコ改め、ヤマザキビスケットの新製品「ルヴァン」を、
ようやく自宅近くのスーパーで見かけたので購入。


「ルヴァンS」
ナビスコ系製品を失ったヤマザキビスケットが、「リッツ」の後継として発売したクラッカー。

20161002ルヴァン - 1

20161002ルヴァン - 2

紙箱パッケージの中には、プラ包装13枚入りが3パック。

20161002ルヴァン - 3

20161002ルヴァン - 4

ちなみに「ルヴァンL」は25枚入りが3パック。
中身のクラッカー自体は同じです。


とりあえず、一枚取り出しました。

20161002ルヴァン - 5

丸い「リッツ」に比べると、角を落とした正方形のスタイルが新鮮です。

お味は薄塩にほんのり甘い、ヤマザキ熟成の味。

「リッツ」時代とは然程変わらない印象ですが、実際に食べ比べたわけでは無いので・・・

モンデリーズ
から発売されている現行「リッツ」の方は、どんなお味なのでしょう。
基本は旧「リッツ」と変わらないとも、全く違うとも聞きますが、果たしてどうでしょうか。
こちらもそのうちにいただくとしましょう。


クリームチーズを「ルヴァン」で挟んでみました。

20161002ルヴァン - 6

酒のアテですな。
ひとりパーティ気分。

酎ハイがすすむ・・・




テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

「リッツ」「オレオ」が海外生産・・・
朝日新聞デジタル H28.5.14
「オレオ」は中国、「リッツ」はインドネシアで製造へ


 菓子メーカーのモンデリーズ・ジャパンは、山崎製パン子会社から販売を引き継ぐクラッカー「リッツ」「プレミアム」、
クッキー「オレオ」について今後の事業戦略を発表した。
9月からはアジアなど海外でつくった製品を販売する。

 3製品はこれまで「ヤマザキナビスコ」が国内で製造販売してきた。
8月末で商標を持つ米モンデリーズ・インターナショナルとの契約が切れるため、
その後はモンデリーズ・ジャパンが扱う。
オレオは中国、リッツはインドネシア、プレミアムはイタリアにある米モンデリーズ社の工場で製造し、
販売する予定だ。
パッケージは大きく変えないが、オレオとリッツの味は改良するという。



まじかよ・・・

海外生産が全く駄目とは言わないが、口に入る物に関しては少なからず不安が募ります。


そして

「オレオとリッツの味は改良するという。」

これまでの実績を評価しない「改良」が過去あまたの失敗を招いてきたのですが、
今回は大丈夫なんですかね。


とりあえず、現・ヤマザキナビスコがモンデリーズとの契約満了後、時期を空けて
「リッツ」「オレオ」の対抗商品を送り出す方向で調整中と言うことなので、
そちらに期待したいところです。


それまでの間、おつまみ用のクラッカーは、「あたり前田のクラッカー」を工夫して
使うことにしようかな。

同じ「クラッカー」でも、かなり違う商品なんですけどね。




テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.