とりあえず、そのままで。
40オヤジのだらだらとした日常を書き綴ります。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
関西本線の一部区間運休について
台風21号に罹災したJR西日本の関西本線で、今も一部区間で運休が続いています。


駅で見かけた告知ポスター。

20171116関西本線不通 - 1  20171116関西本線不通 - 2

運休区間のうち、加茂ー柘植間は一部列車の運休はあるものの、11月1日より運転再開。
残る柘植ー亀山間は、今のところ復旧の発表はありません。


この区間は大和路線を含めた関西本線でもっとも難所(と思われる)加太越えもあり、
復旧には結構なのコストがかかるのは予想できるのですが。

さりとて、関西本線には名阪間連絡路線としての価値は、ごく一部を除いてほとんどなく
区間利用客も多いとは言えない。
沿線の観光需要も多くはない。
地元の鉄道への肩入れも然程ではない模様で。

業を煮やした行政が介入するまで、このまま運休状態が続くのではないか?
最悪、数年間放置された後、廃止となることも・・・?


まあ、運休となってから一ヶ月も経っていない状況で、こんな妄想するのもどうかと思いますが。


とりあえずは、できる限り早期の関西本線全線運転再開を願い、その知らせを待つこととしましょう。




スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

中野物産「昆布と梅のグミ物語」
コンビニエンスストアで購入したお菓子。

「都こんぶ」の中野物産から発売の「昆布と梅のグミ物語」

20171115梅昆布グミ - 1

20171115梅昆布グミ - 2


同社からは梅と昆布を用いた商品が既に発売されていますが・・・

今回は「昆布・梅・グミ」のまさかの組み合わせ。


開封しました。

20171115梅昆布グミ - 3

砂糖に包まれた柔らかめのグミ。
青梅と赤梅の2種類ありますが、ぶっちゃけ、左程味は変わらないような。

そして組の中から現れる昆布ペースト・・・


悪くはない。悪くはないんだが・・・
口に含む度に「?」が頭をよぎっていく不思議感。


うん。クセになりそうですね( ^^)


テーマ:おやつ - ジャンル:グルメ

「お使いのは(2)つのウイルスに感染しています!」
先日、Androidスマートフォンでのウイルス感染詐欺について触れましたが。

月曜日にも同様の事案が・・・




まずは突然に「警告!(2)件のウイルスが検出されました!」と画面が切り替わり、

20171113マカフィー - 1



その直後、画面が変わってGoogleの名前で、
「お使いのは(2)つのウイルスに感染しています!」と教えてくれたのですが。

20171113マカフィー - 2

そもそも、AndroidのGoogleにウイルス検索の機能はなかったと思う。
右上の日付が「Monday 13,2017」と出ているのですが。日・曜日・年だけで、11月の表記がありませんね。
なんだかおかしい。

Google Playで「アンチウィルス」アプリをダウンロードしろと言っているが、どうにも日本語がおかしい。



と思っていたら、マカフィーから「警告:不審なサイト」と警告が出ました。

20171113マカフィー - 3




最初の画面で「あれ」と思ってスクリーンショット撮っていたら、
あれよあれよと画面が切り替わり、ちょっと吃驚しました。


マカフィーもちゃんと仕事しているんだなあと、少し感心しました。


似たような記事乱発で申し訳ありませんが、みなさんもお気をつけて。

テーマ:Android - ジャンル:携帯電話・PHS

史跡恭仁京跡 山城国分寺跡:木津川市内散策H29.2 その6
2月19日(日)。

JR加茂駅を起点に木津川市内の散策。
その記録の6回目です。

第1回:H29.11.5  「JR加茂駅下車:木津川市内散策H29.2 その1」
第2回:H29.11.6 「レトロな商店街?を歩く。:木津川市内散策H29.2 その2」
第3回:H29.11.8 「木津川へ:木津川市内散策H29.2 その3」
第4回:H29.11.10 「蛇吉川・気になる道標:木津川市内散策H29.2 その4」
第5回:H29.11.14 「史跡恭仁京跡 山城国分寺跡へ:木津川市内散策H29.2 その5」




国道163号線から「史跡 恭仁京跡 山城国分寺跡」と書かれた看板を頼りに北へ。



並木道。ここからが「史跡 恭仁京跡 山城国分寺跡」なのでしょうか。

20170219加茂_05 - 2

20170219加茂_06 - 1


並木道の右手。

20170219加茂_06 - 2

20170219加茂_06 - 4

20170219加茂_06 - 5

20170219加茂_06 - 13

20170219加茂_06 - 14

山城国分寺の七重塔跡基壇とのこと。



先ほどの並木道の方に戻りました。

20170219加茂_06 - 6

20170219加茂_06 - 7


恭仁京大極殿(山城国分寺金堂)基壇

20170219加茂_06 - 8

20170219加茂_06 - 9

20170219加茂_06 - 10

20170219加茂_06 - 11

20170219加茂_06 - 12

この他にもこの辺りで発掘調査が行われていたとのことですが、よくわかりませんでした。

広大な敷地内に残されたわずかな遺構。
現存する建築物はもちろん再建物もありません。


しかし、これだけでも「幻の京」と言われる恭仁京、
そしてそのあとに築かれた山城国分寺の壮大さと歴史の流れの無情さを感じ取ることが出来ました。


史跡敷地内は手入れが行き届いており、落ち着いて歴史探訪をするには最適な場所ではないかと。



もくもくと続きます・・・





テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

史跡恭仁京跡 山城国分寺跡へ:木津川市内散策H29.2 その5
2月19日(日)。

JR加茂駅を起点に木津川市内の散策。
その記録の4回目です。

第1回:H29.11.5  「JR加茂駅下車:木津川市内散策H29.2 その1」
第2回:H29.11.6 「レトロな商店街?を歩く。:木津川市内散策H29.2 その2」
第3回:H29.11.8 「木津川へ:木津川市内散策H29.2 その3」
第4回:H29.11.10 「蛇吉川・気になる道標:木津川市内散策H29.2 その4」



国道163号線沿いに立つ、「史跡恭仁京跡 山城国分寺跡」の看板。

20170219加茂_04 - 14

「恭仁京」とは、天平12年(740年)に聖武天皇が平城京より遷都した地であり、更にその4年後に難波宮への遷都が行われたため、非常に短期間の都でした。
遷都後、宮城跡地が「山城国分寺」として利用され、恭仁京大極殿は国分寺の金堂として再利用されたとのこと。

未だ詳細が不明であり、現在も発掘調査が進められているようです。



そんな「幻の京」の入り口に私は立っていたわけで。


20170219加茂_05 - 1

国道沿いに広大な空き地が広がっていますが、ここも史跡の一部なのでしょうか?
それとも駐車場・・・ぽくはないなあ。
例の看板以外に、特に表記は見られませんでした。

20170219加茂_05 - 2

この空き地を通り、北へと歩いて行きます。
そもそも、通り抜けて良かったのか?

途中から何となく、参道のようになってはおりますが?



記事が長くなりそうなので、今宵はこの辺りで。

ダラダラとつづきます・・・


テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.