FC2ブログ
2019/09/17

さらば105系電車。

忘れないうちに今月も投稿。



いよいよ、JR西日本の和歌山線・桜井線を中心に走っている4ドアの105系電車が撤退するようですね。

20190208王寺01

確か奈良線・和歌山線(五条・和歌山間)、紀勢本線(和歌山・和歌山市間)電化に際して、
首都圏の地下鉄乗り入れ用103系から改造されたと記憶していますが、
その導入時から、首都圏で長年酷使された故のオンボロさは隠しきれず。
オリジナルの3ドア105系と比べても出来が悪かったようですね。

私のニキビ面の中学生時代から、アラフィフのメタボなオッサンになるまで、まさか走り続けるとは思いませんでした。


つい最近、置換え用の227系1000番台が導入されたと思ったら、急ピッチで置き換えが進み、
105系は9月いっぱいで姿を消すようです。

そう言えば、最近は運用に入っている105系を見ていないな。(吹田工場にいるのは見かけましたが)



先日、王寺駅で見かけた電車達。
奥の車両達がちょっとわかりづらいかな。

20190913王寺01

今後、王寺駅で見られるのは、主にこの車両達なのでしょう。

新鋭227系はおそらく30年はこの地で走り続けるのでしょうね。
221系はもう30年選手。あと10年は現役かな?
201系は・・・いつまで走れるんでしょうね。JRでは貴重な電機子チョッパ制御ですけどね。


スポンサーサイト



2019/08/22

臨時特急「まほろば」復活

JR西日本が新大阪と奈良を結ぶ臨時特急運行を発表しました。

毎日新聞 2019.8.22
JR西、奈良-新大阪にノンストップ臨時特急「まほろば」

 JR西日本は22日、新大阪駅と奈良駅をノンストップで結ぶ特急「まほろば」(3両編成)を11~12月の土日祝日に1日1往復運行させると発表した。奈良で平城遷都1300年祭が行われた2010年4~6月にも両駅を結ぶ同名の特急を運行させたが、ノンストップ運行は初めて。車両は特急くろしおの287系を使用し、所要時間は通常より10分程度短縮される見込み。

 運行日は11月2日~12月8日の土日と祝日の13日間。ダイヤは新大阪を午前10時3分に出発し、奈良に同10時53分に到着。帰りは奈良を午後4時56分に出発し、新大阪に同5時47分に到着する。

 1、2号車が指定席で3号車が自由席。運賃は大人が乗車券940円、指定席特急券で1730円(子供は半額)。

 JR西は、3月16日のおおさか東線の全線開業を受けて、6月末まで奈良への誘客キャンペーンを実施した。奈良駅の乗降客数は前年同期比8%増と好調だったという。奈良県庁で記者会見した大阪支社の宮本芳明副支社長は「岡山や広島、九州方面の客を奈良に呼び込みたい。好調なら今後も臨時運行や定時運行につなげたい」と話した。




9年前、奈良ディスティネーションキャンペーンにあわせて誕生した臨時特急「まほろば」。
まさかの復活です。

※前回の「まほろば」。平成22年4月25日に乗車しました。
20100425まほろば01
20100425まほろば02
20100425まほろば04
20100425まほろば05


前回は新大阪から貨物線経由で天王寺、大和路線経由で王寺・久宝寺と停車し、奈良に向かうルートでしたが。
今回はおおさか東線・大和路線経由で、新大阪から奈良までノンストップ。
大阪市内のJR西日本主要駅である大阪駅・天王寺駅に停車せず、奈良県内も前回停車した王寺・法隆寺を通過。
妄想の範囲内でこういう列車の話を聞いたことがありますが、まさかの実現。

新大阪での山陽新幹線乗り継ぎ輸送に、ほぼ特化した特急列車と言えるでしょうか。

東海道新幹線や北陸線特急からの乗り継ぎであれば、京都駅乗換で近鉄京都線・JR奈良線が選ばれるだろうし。
JR神戸線や宝塚線からは、大阪駅で大和路快速に乗るか、地下鉄御堂筋線に乗り換えて近鉄奈良線を利用するでしょうし。

新幹線からの乗り継ぎなら、在来線特急券の割引が有りますが、そうでない方が、わざわざ高い料金を払って乗車する列車ではないかな。
同じルートを走る直通快速も本数が少なく着席保証はないものの、さほど混雑しているわけでもないしなあ。


この記事に拠れば、JR西日本は今後の臨時運行や定期化も考えたいとのことですが。
この実現はなかなか難しいのはないかな?と。
前回の「まほろば」に際しても、割高な料金で利用が伸びず、利用喚起のために格安な企画切符を販売したりしていました。
20100425まほろば03

まあ、前回は6両、今回は3両編成。そして関西でも有料列車が選ばれる土壌も出来つつあるようだし。
もしかしたら、それなりに座席は埋まる、かな?


個人的には「なにわ筋線」開通後に、新大阪から奈良までの、なにわ筋線・大和路線主要駅停車の特急を希望します。
途中停車駅は北梅田・JR難波・天王寺・王寺・法隆寺かな。
JR西日本のチケットレス特急券が使えれば、通勤特急としてもある程度は利用されるかも?
まあ実現は困難でしょうけれどね。
2019/08/06

京阪、西へ。

利用者が伸び悩んでいる京阪電鉄中之島線の九条延伸のニュースがありました。

毎日新聞 2019.8.6
座席指定車両、昼間の全特急で導入 京阪HD

 京阪ホールディングス(HD)の石丸昌宏社長(57)は5日までに毎日新聞の取材に応じ、京阪電気鉄道が運行する座席指定の特急車両「プレミアムカー」を、2020年度には昼間の全特急(1時間あたり往復12本)に拡充する方針を明らかにした。大阪と京都を確実に座って移動したいインバウンド(訪日外国人)の需要を取り込む。

 現在は朝夕のラッシュ時を除くおおむね午前9時から午後4時に1時間あたり往復8本の特急車両に導入。ただ、平日の昼間の座席に余裕があり、利用者のほとんどが日本人という。今後は、インバウンドの利用を広げるため、チケット予約のウェブページの外国語対応など販売法を改善する。石丸社長は「インバウンドの団体客にも対応できるようにしたい」とさらなるテコ入れを目指す。

 一方、中之島線(天満橋―中之島)の延伸計画については、カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致のめどが立った段階で大阪市西区の九条駅まで延ばせるよう、準備を進めているという。当初は25年の大阪・関西万博までの完成も視野に入れていたが、「IRの予定が遅れている。万博は半年だけのイベントなので、終了後に採算の見通しが立たない」と説明した。

 また、万博とIR誘致が予定される人工島・夢洲(ゆめしま)(同市此花区)の再開発に関しては「うちにカジノ事業のノウハウはない。鉄道やバス、船など顧客の輸送で参画していきたい」と意欲を語った。



この記事のメインはプレミアムカーについてですが、それも興味深い。
JR西日本のAシートと併せて今後が楽しみですね。



さて、中之島線の延伸については、現在の起点・中之島駅からかつては西に西九条へ延伸し、JR大阪環状線に接続するとともに阪神なんば線に乗り入れするとか、咲洲に乗り入れるとかのプランを耳にしたことがありましたが。
最近は九条で大阪メトロ中央線や阪神なんば線に接続の上、西九条に向かうというプランが浮上していたようです。

妄想レベルと思っていましたが、真剣だったんですね(^_^)

しかし、さすがに大阪万博までの九条開通は無理でしょうね。
それなりの距離でそれなりに地下を掘り進めるのに、今から6年足らずで開通とは考えづらい。


もしこの延伸が実現すれば、閑古鳥の鳴いている中之島線が賑わうようになるのでしょうか?
現状では本線の淀屋橋天神橋間から優等列車をごっそり移行できるとは思えないけれど。

どうでもいいことかもしれませんが、「九条発、三条行き」の列車が誕生しそうですね。
詳しくない人には京都市内だけの運行と勘違いされそうです。
このケースこそ、都市名を駅名に冠しないと混乱が起こるかもしれません(^_^)
(「大阪九条」「京都三条」とかね。)
2019/07/30

そんなにわかりにくいかね?

朝日新聞デジタル 2019.7.30
「梅田ってどこ?」で「大阪梅田駅」に改称 阪急・阪神

 阪急電鉄と阪神電鉄は大阪の玄関口である「梅田駅」を「大阪梅田駅」にそれぞれ変更することを決めた。関係者によると、変更は10月1日から。外国人観光客の利用が増える中、駅が大阪市の中心部にあることをわかりやすくすることが狙いだという。阪急電鉄は同じ狙いで、京都市中心部の河原町駅についても10月から「京都河原町駅」に変更する。

 阪急電鉄の梅田駅は1日当たり平均約50万8千人、阪神電鉄の梅田駅は同約16万5千人が利用している。両電鉄の梅田駅と地下街や歩道橋で接続されているJR大阪駅(同約87万人が利用)と合わせ、西日本最大のターミナルとなっている。

 この3駅のほか、周辺には大阪メトロ御堂筋線の梅田駅、谷町線の東梅田駅、四つ橋線の西梅田駅がある。

 これまで阪急、阪神両電鉄とも駅名の車内アナウンスでは「梅田」と合わせて「大阪梅田」と放送してきた。ただ、梅田駅と河原町駅の駅名について外国人観光客から「どこの都市にあるのか分かりづらい」といった意見が自治体などに寄せられることが多かった。



これは近鉄の「大阪阿部野橋駅」「大阪上本町駅」と同じ理由での改称ですかね。
(「大阪難波駅」も同時改称だったように記憶しているけれど、こちらはちょっと改称の事情が違うかな。)
阪急阪神が「大阪梅田駅」を名乗ることに特に異論はありません。
しかし海外の主要鉄道駅は特に都市名を掲げていないんだけどなあ、とも思ってしまう。

そんなにわかりにくいかね。
旅に出かけるのに、今時ノーチェックで鉄道に乗る人はいないだろうに。

あと、阪急阪神の主要駅は梅田駅と断言できるが、阪急の京都市内に関しては、河原町だけでなく烏丸も同格と言える。
河原町だけに「京都」を冠するのはいかがなものか。

記事に言うところの都市の「中心部」とは?





2019/07/30

小惑星ニアミス。

日本経済新聞 2019.7.30
小惑星、地球にニアミス 25日通過、前日判明 衝突なら東京壊滅の大きさ


直径約130メートルの小惑星が25日に地球の近くを通過していたことが29日分かった。地球に衝突する恐れがある天体を監視する研究者らの団体、日本スペースガード協会によると、もし地球に衝突していれば東京都と同規模の範囲を壊滅させるほどの大きさ。通過前日の24日に初めて見つかり、関係者を驚かせた。



あまり大きく取り上げられていないけれど、怖い話ですね。
通過前日まで見つからなかったんですから。

衝突しなくて本当に良かった・・・